日経ものづくり2011年4月号
■発行日
毎月1日発行
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 13,580円
3年(36冊) 29,420円
■この号の価格(税込み)
1,440円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経ものづくり2011年4月号

2011年4月号 no.679 4月1日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集 シリーズ ・ 世界を拓く (2) 設計の常識を覆す
    • 新興国向け製品を究めるために(044p)
    • Part1 プロローグ 焼き直しは通用しない(044p)
    • Part2 ニーズと適正品質の把握 企画開発こそ現地現物視点で(044p)
    • Part3 設計もゼロベースから 引き算から足し算へ発想転換(044p)
    • Part4 製品単位から製品群単位へ 汎用部品にも擦り合わせの妙(044p)

  2. 私が考えるものづくり
    • 梅原勝彦 [エーワン精密 取締役相談役] やがて中小が大手を選ぶ(004p)

  3. 多視済済
    • ホームラン、どうやって打つ? (015p)

  4. 速報
    • 東日本大震災、製造業に大打撃、 「計画停電」 が復旧を困難に(019p)
    • 東日本大震災、福島原発の連鎖事故、システムとしての安全確保に不備(019p)
    • 大野耐一 氏 生誕100年で約800人集う、 「『2大ムダ』 を学んだら現場が見えた」 (019p)
    • 東北大など、窒化鉄の粉末生成に成功、レアアース不要の強力磁石として期待(019p)
    • ものづくりの全工程にわたって省エネ、パナソニック子会社が支援サービス(019p)
    • 三菱電機、ロボットの組立能力を拡大、クネクネと曲がるケーブルも扱える(019p)
    • 帝人、CFRPを1分以内で成形可能に、熱可塑性樹脂を適用し量産化へ(019p)
    • メガネ型ディスプレイで作業支援、場面に応じて表示情報を変更する(019p)

  5. 特報
    • 開発革新の難所 「金型」 に全技術者が一丸で挑む(064p)

  6. 数字で見る現場
    • 【設計情報の表現と伝達】 8割近くが3次元モデルを活用(071p)

  7. 事故は語る
    • 自転車用幼児座席の足乗せ部が破損、原因究明進まず対応が後手に(075p)

  8. 珠玉の中小企業
    • 東洋システム ― 電池の挙動を忠実にデータに(079p)
    • 高木製作所 ― 熟練技生かした銅加工でニッチ市場を開拓(079p)

  9. ホンダ イノベーション魂! (第13回)
    • コンセプトと本質 (2) 「キミの言うことは訳が分からん」 (086p)

  10. 渋滞学 ・ 西成教授の数学で闘え (第13時限)
    • 良い状態、悪い状態、浮き沈みを何が支配するか(092p)

  11. 最新 ・ 中国事典 (第13回)
    • 効率一辺倒の日本の対応、お客様志向の中国の対応(096p)

  12. 開発の鉄人 ― 多喜義彦 現場をゆく
    • 熱くなるなよ(100p)

  13. 体質改善 ・ 3次元設計 (第13回)
    • エレ/メカ連携 (1) エレとメカの違いを認識する(104p)

  14. 山田 日登志のこれがムダなんや (第13回)
    • 作業にかかる工数と場所を減らせぃ(153p)

  15. 新産業で跳ぶ
    • 生産現場発の計測技術を生かしてDNA検出器で医療 ・ バイオ分野へ(158p)

  16. 直言
    • 松島 茂 [東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授] 製品/生産/製造技術の相互作用でものづくりプロセスを活性化せよ(162p)

    • 読者から ・ 編集部から ・ 次号予告(142p)
    • 新製品 2次元図面の有効利用を図れる2/3次元統合CAD ほか(144p)