日経アーキテクチュア2009年11月23日号
■発行日
毎月第2・第4木曜日発行
■年間購読料(税込み)
1年(24冊) 23,300円
3年(72冊) 46,600円
5年(120冊) 69,900円
■この号の価格(税込み)
1,337円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経アーキテクチュア2009年11月23日号

2009年11月23日号 no.913 11月23日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集 敷地は見かけじゃわからない
    • あなたはこのリスクを乗り越えられるか(036p)
    • 【敷地に潜む見えないリスク】 (038p)
    • 対策を怠ると思わぬ損害を招くことも(038p)
    • 【境界 ・ 接道のリスク】 (040p)
    • 敷地内に「見えない道路」が存在した(040p)
    • 側溝が実は「水路」で不接道に(040p)
    • 境界から下がっても塀の築造を隣地所有者が拒否(040p)
    • 都市計画道路の境界には “誤差” がある(040p)
    • 中心線がわからない2項道路にぶつかった(040p)
    • 接道条件が問題となり建築確認が取り消される(040p)
    • 【埋設物のリスク】 (046p)
    • 地中に残存基礎があった(046p)
    • 残存基礎が隣地にまたがっていた(046p)
    • 敷地に複数の水道管が通っていた(046p)
    • 井戸が残っていて撤去できない(046p)
    • 地下水位が高いのに「地下室が欲しい」と言われた(046p)
    • 【地盤のリスクを知る方法】 (051p)
    • どんな敷地で不同沈下が起こるのか(051p)
    • 地盤専門家、構造設計者と住宅地を歩く(051p)
    • 敷地の履歴や地盤の状況をウェブで調べる(051p)
    • SS調査とボーリング調査で何が違うのか(051p)
    • SS、ボーリング以外の調査法もある(051p)
    • SS調査の結果はこう読む(051p)

  2. 速報
    • [ニュース] (010p)
    • 建設会社に対する指名外しを違法と認定、岐阜地裁(010p)
    • 崩れ始めた「全国一律」の施設設置基準(011p)
    • 住宅取得時の非課税枠「4倍に」、国交省が要望(012p)
    • 山ろく市街地で眺望確保の建物形態規制(012p)
    • [テクノロジー] (014p)
    • 倒壊した狭小3階建て「長期優良住宅」(014p)
    • [プロダクツ] (086p)
    • フォーカス/電子カタログのサイト「カタらボ」がオープン(086p)
    • ランキング/温水洗浄器一体型便器 ・ タンクなし ネオレストシリーズが2分野で1位(088p)

  3. プロジェクト
    • [デザイン] (018p)
    • ポーラ銀座ビル(設計 : 日建設計 + 安田アトリエ) 開閉パネルで表情に変化(018p)
    • [デザイン] (024p)
    • KAMIIKEDAI2155(設計 : 長谷川 祥久 + デベロップデザイン) 「袖壁なし」の南北貫通プラン(024p)
    • [プロジェクト] (016p)
    • 旧東宮御所が近代建築で初の国宝へ(016p)
    • 中之島3丁目共同開発が最終章に(017p)
    • [アーキグラフ] (007p)
    • KAMIIKEDAI2155(007p)

  4. トピックス
    • 高齢者 ・ 医療施設の最新動向 施設不足を改修で解決(060p)
    • 高齢者施設「ヘルスケアタウンにしおおい」 廃校舎を高優賃と保育園に(060p)
    • 医療施設「ティアラかまくら」 産院に生まれ変わるデイケア施設(060p)
    • 解説 規制間の調整が改修のカギに(060p)
    • 建築環境フォーラム 2009 風や光 ―― 流れるものから考える 小嶋一浩 氏 講演録(076p)

  5. スキルアップ
    • コスト & プライス [ 2009年9月期] 市況悪化が注力分野の転換も迫る(072p)
    • 攻略 ・ 改正省エネ法 第5回 【CPD】 住宅の届出書の作成法(090p)
    • 「技術のキホン」 第23回 インフルエンザ対策 大流行時に役に立つ建築と建材の技術(096p)

    • イベント情報(098p)
    • 読者の声、次号のぞき見(099p)
    • 広告索引(101p)