日経アーキテクチュア2014年9月25日号
■発行日
毎月第2・第4木曜日発行
■年間購読料(税込み)
1年(24冊) 23,300円
3年(72冊) 46,600円
5年(120冊) 69,900円
■この号の価格(税込み)
1,450円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経アーキテクチュア2014年9月25日号

2014年9月25日号 no.1032 9月25日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集 成熟日本の 「脱 ・ 内向き」 プラン
    • 成熟日本の 「脱 ・ 内向き」 プラン(030p)
    • 成長期の間取り攻防 「大量生産」 「規格化」 への反発が原動力に(032p)
    • シェア×中間領域 食堂付きアパート (東京都目黒区) 街に根付く第二世代のシェア(040p)
    • 環境×内部の外部化 NAVI STRUCT HOUSE 2 (奈良県大和郡山市)
      屋内庭と縁側を緩衝帯に(044p)
    • 中間領域×街に開く 川西の住居 (兵庫県川西市) 街を生かす曖昧な敷地境界(047p)
    • 緑×街を取り込む kotoriku (東京都目黒区) 立体の庭を共有する(050p)
    • 家を再び社会につなぐ 7つのキーワードで探るこれからの住宅(054p)
    • 外部との関係性に若手も注目(056p)

  2. News 時事
    • ETFEフィルムが指定建築材料に 新国立競技場に導入の可能性も(006p)
    • 東京五輪3施設が基本設計へ 都がコスト縮減の見直し状況を公表(007p)
    • 「地方創生」 へ都市集約化を加速
      国交省が2015年度予算で 「コンパクト+ネットワーク」 推進(008p)
    • サ付き住宅の補助制度見直し 建設地の偏りやサービス水準の問題を議論(009p)
    • 空き部屋を外国人向け宿泊施設に ほか(010p)
    • 横浜の傾斜マンションで新たに杭長不足 ほか(011p)

  3. News プロジェクト
    • ユニット工法で中規模木造 国交省の木造先導事業で新たな挑戦(012p)
    • ベルギーで日本の木造軸組み工法 施工性や耐震性が評価され高齢者施設に採用(013p)

  4. News 技術
    • コンクリートのCO2排出を8割減 セメント一切使わずに高炉スラグで代用(014p)
    • 巨大地震でも2段階のロック機構で免震 電力使わず機械仕掛けで油圧ダンパーが動作(015p)

  5. 人を動かすプレゼン 安原幹氏、日野雅司氏、栃澤麻利氏
    • あえて2案ぶつけ対話の糸口つかむ(026p)

  6. TARGET2020 インタビュー
    • 平田竹男氏 内閣官房参与2020年オリンピック ・ パラリンピック東京大会推進室長
      2020年以降に何を残すか 成熟国家のやり方で照準(067p)

  7. トピックス
    • 完成急ぐサグラダ ・ ファミリア 「2026年竣工」 はガウディの遺志か(070p)

  8. フォーカス[建築]
    • オガールベース(岩手県紫波町) 「専用体育館+宿泊」 異例の複合で集客(078p)

  9. 建築巡礼 プレモダン編 ・ 明治期
    • 日本銀行本店本館(1896年) 鏡の国の建築家(086p)

  10. 新製品
    • 太陽電池一体型目隠しルーバー205タイプ 最大出力を従来品より35%向上 ほか(094p)

  11. 発注者目線の仕事術
    • 改正品確法の施行で重要さ増す基本設計(096p)

  12. ひび割れトラブル完全克服法
    • 目地が効かない? 屋上のパラペット(100p)

  13. 読者から/編集部から
    • 読者から 高卒者の定期採用を ほか(105p)

今号は 「すぐ役立つ判例解説」 を休載しました。
連載講座のうち、 「建て主にもわかる住宅設備スクール」 「設計事務所の育て方」 「品質トラブルに学ぶ」 は 毎月10日号に掲載します