日経アーキテクチュア2017年11月23日号
■発行日
毎月第2・第4木曜日発行
■年間購読料(税込み)
1年(24冊) 23,300円
3年(72冊) 46,600円
5年(120冊) 69,900円
■この号の価格(税込み)
1,680円
この号を一冊購入する
(この号を一冊購入する)
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経アーキテクチュア2017年11月23日号

2017年11月23日号 no.1108 11月23日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集 採用したい建材 ・ 設備メーカーランキング2017
    • 採用したい建材 ・ 設備メーカーランキング2017 多くの分野で“定番化”が顕著に(040p)
    • 進化する 「省エネ」 部材(042p)
    • 「情報」 はウェブの比重高まる(049p)
    • 部門別ベストテン(051p)

  2. News クローズアップ
    • 日事連会長の設計事務所 人材流出で破綻
      負債額9億6000万円、本社ビル購入後に始まった転落(006p)

  3. News 時事
    • 熊本地震のブロック塀倒壊で刑事告訴 「所有者は危険性を認識」 と遺族ら(010p)
    • 保育所の採光規定を緩和 待機児童対策で告示を改正、17年度内に施行(012p)
    • 防災拠点の太陽光発電に設計不備 「震災時に機能しない」 と会計検査院が改善求める(013p)

  4. News 技術
    • 10人分の仕事をこなす鉄筋結束ロボ
      大成建設と千葉工大が開発、2〜3年後の製品化を目指す(014p)

  5. News プロジェクト
    • 渋谷西口の新たな玄関口が19年完成へ
      「東急プラザ渋谷」 跡地にバスターミナル含む複合ビル(015p)

  6. フォーカス[建築]
    • グローバルゲート(名古屋市) 屋上や外部を緑で覆い名古屋圏の玄関口に(022p)
    • 赤坂インターシティAIR(東京都港区)
      足元に5000m2超の緑地 居心地よい場を再現(032p)

  7. フォーカス[住宅]
    • HouseW(東京都文京区) 斜めの窓で隣家の隙間から眺望(068p)

  8. トピックス
    • 民活で変わる公共建築 運営者の提案を取り入れて施設の魅力アップ(072p)

  9. 建築巡礼 特別編!
    • 安藤忠雄事務所 ・ 改造史(1973年〜) 建築を 「実験」 する場(076p)

  10. 先読みコスト&プライス 2017年 11月期
    • 需要横ばいもプライス上昇 東京への一極集中がコストアップの一因に(080p)

  11. 実務に役立つ法令解説
    • 一変したシックハウス訴訟 消費者保護の観点が後退(085p)

  12. 都市木造入門〈防耐火設計編〉
    • 【最終回】 防耐火規制が少ないほど設計の腕が問われる(088p)

  13. 新製品
    • 換気棟 片流れ双快 積雪地域仕様(092p)

  14. 建築日和
    • 独断チョイス、安藤住宅四天王(095p)

  15. 読者から/編集部から
    • 楽しく前向きに働ける業界に(096p)