日経メディカル2007年4月号
■発行日
毎月10日発行(年12冊)
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 8,400円
3年(36冊) 16,800円
5年(60冊) 25,200円
■この号の価格(税込み)
823円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経メディカル2007年4月号

2007年4月号 no.473 4月10日発行

内容紹介(目次)

  1. 創刊35周年記念特集 大予測 10年後の医療
    • 10年後の2017年、医療はどう変わっているのだろうか。「医療崩壊」はどこまで進んでいるのか?新型インフルエンザのパンデミックは起こっているのか?「医師の就労環境」「臨床・技術」 「医療制度・経営」という3つの領域で、その変ぼうぶりを3人の医師の10年後の姿を通して描く。(054p)
    • 就労環境 勤務医の生活は “まとも” に(056p)
    • 臨床 ・ 技術 今の先端技術が日常に(064p)
    • 制度 ・ 経営 診療所の経営はさらに厳しく(072p)
    • インタビュー 厚生労働省総括審議官 宮島俊彦氏(080p)

  2. トレンドビュー
    • RSウイルス感染後の喘息に注意(032p)
    • lgA腎症に「扁摘パルス」療法(034p)
    • 市中肺炎を外来静注療法で治す(036p)
    • 普及する頸動脈エコーに盲点(038p)
    • 小児科医過労死で労災認定(040p)
    • “大学全入時代” の医学部ランキング(042p)

  3. トピックス
    • 「新型インフルにはタミフル使用」で結論 ASOの国際指針が改訂 医療機関の広告規制を緩和 ほか(049p)

  4. ニュース追跡
    • 「国試前に実技試験」案が浮上(045p)

  5. 行政ウォッチ
    • 延命措置の議論、初めの一歩(047p)

  6. 今月のキーワード
    • 戒告(031p)

  7. 【NEW】 プラクティカル講座
    • 救急の新常職(第1回) 急性中毒 胃洗浄、強制利尿を見直そう 上條吉人(北里大学救命救急医学) (107p)

  8. 日常診療のピットフォール
    • 37歳、女性。発熱、咽頭痛(筑波大学・筑波メディカルセンター病院合同総合診療科カンファレンス) (115p)

  9. 臨床セミナー
    • 市中肺炎の重症度分類と読影(戸塚区医師会肺X線続影会) (118p)

  10. 日経メディクイズ
    • 皮膚/胸部/腹部/小児/眼/神経内科(on the Web) (087p)

  11. 医薬情報室
    • [新薬クリップ] パーキンソン病治療薬 ロピニロール 藤本健一(自治医科大学神経内科准教授)添付文書改訂速報、薬価収載された新医薬品(139p)

  12. 論文ピックアップ
    • 胸部圧迫だけでも蘇生効果は得られる ほか5題(133p)

  13. 感染症情報
    • インフルエンザが遅れて流行(127p)

  14. 医療訴訟の「そこが知りたい」
    • 患者が薬物犯罪者と判明 通報は「正当な行為」と最高裁 桑原博道(弁護士) (143p)

  15. 小説
    • 医学のたまご 連載 第3回 海堂 尊(152p)

  16. ヒーローの肖像
    • 故 田坂佳千 毎日メールで医師2500人にやりがい提供(191p)

  17. この人に聞く
    • 保阪正康 医療は変わった。今、変わるべきは患者だ(194p)

  18. NMドクターアンケート
    • 後発品の処方 6割が処方せんの「変更可」欄に署名(199p)

  19. トホホな患者 ワハハな患者
    • ちぐはぐな会話、悪いのは患者? 田村康二(立川メディカルセンター常勤顧問) (202p)

  20. 病と歴史への招待
    • 色好みの秀吉に女を世話した侍医 篠田達明(医師・作家) (204p)

    • 日経メディカル オンライン ダイジェスト(028p)
    • 新刊(163p)
    • 新製品(164p)
    • カレンダー(171p)
    • スクラップ(165p)
    • 読者から(183p)
    • 編集部から(186p)