日経メディカル2010年5月号
■発行日
毎月10日発行(年12冊)
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 8,400円
3年(36冊) 16,800円
5年(60冊) 25,200円
■この号の価格(税込み)
823円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経メディカル2010年5月号

2010年5月号 no.510 5月10日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集 徹底検証! 2009H1N1
    • (068p)
    • 1年前に発生し、世界で猛威を振るったパンデミック 2009H1N1の流行がようやく沈静化した。しかし、パンデミック 2009H1N1を、季節性インフルエンザ並みと片付けるのは早計だ。重症例を振り返ると、喘息様の呼吸器合併症など、従来の季節性インフルエンザでは見られない臨床像が浮かび上がる。さらに今後、流行時期や遺伝子変異によって病原性が変化する可能性もある。

  2. 特集 メタボリックシンドローム 3つの疑問
    • (087p)

  3. トレンドビュー
    • 抗血小板薬休薬の基準は?(022p)
    • ルポ ・ 限界の新潟腹部救急(025p)
    • 乾癬治療に生物学的製剤(028p)
    • アニサキス症はアレルギー(032p)
    • 血管内治療を手術室で(034p)
    • 日医会長に親民主の原中 氏(036p)

  4. 翻訳
    • 5月小社刊 『 JAMA版 論理的診察の技術』より この人に深部静脈血栓はある?(036p)

  5. ニュース
    • 日本初の線維筋痛症の診療ガイドライン 成人患者の百日咳の保菌量は小児の250分の1 ほか(058p)

  6. ニュース追跡
    • 内科学会が利益相反指針(064p)

  7. 行政ウォッチ
    • 税 ・ 社会保障に共通番号制(062p)

  8. 今月のキーワード
    • 米国医療保険制度改革(018p)

  9. プラクティカル講座
    • ER型救急を日本で育てる(後編) 弱点補い合う救急科と小児科 阿南英明(藤沢市民病院)(142p)

  10. 日常診療のピットフォール
    • 27歳、男性。両膝と右足首の痛み。(名古屋第二赤十字病院症例カンファレンス)(139p)

  11. 臨床セミナー
    • 肝に腫瘤性病変を呈した61歳男性(港区医師会 ・ 東京都済生会中央病院 画像診断の会)(129p)

  12. 日経メディクイズ
    • 胸部/皮膚/腹部エコー/小児/心電図/【NEW】 医学統計(103p)

  13. 医薬情報室
    • 抗癌剤などによる二次性急性骨髄性白血病 村井直樹(新小文字病院内科)(161p)

  14. 論文ピックアップ
    • 胸痛でICUに入室した患者 収縮期血圧低値で死亡率高い(151p)

  15. 感染症情報
    • 水痘の報告数が増加傾向(146p)

  16. 医療訴訟の「そこが知りたい」
    • 添付文書上は禁忌でも医師の過失は認めず 田邉 昇(医師、弁護士)(164p)

  17. 著者に聞く
    • 『人工呼吸の考えかた いつ ・ どうして ・ どのように』 丸山一男(173p)

  18. ヒーローの肖像
    • 笹子 三津留 胃癌手術で比較試験を実施 日本発のエビデンスを世界に発信(177p)

  19. 医師のためのパフォーマンス学入門
    • 怒れる患者の信頼を回復する 佐藤綾子(日本大学芸術学部教授)(180p)

  20. 私の秘密兵器
    • 乳幼児も立位で撮影できるオリジナル撮影台 藤井 保、広津雅治(大分こども病院)(182p)

    • 日経メディカル オンライン ダイジェスト(016p)
    • 新刊(172p)
    • スクラップ(066p)
    • 新製品(168p)
    • 読者から(174p)
    • カレンダー(167p)
    • 編集部から(176p)