日経NETWORK2017年7月号
■発行日
毎月28日発行(年12冊)
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 17,500円
3年(36冊) 36,000円
■この号の価格(税込み)
1,920円
この号を一冊購入する
(この号を一冊購入する)
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経NETWORK2017年7月号

2017年7月号 no.207 6月28日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集1 IoTのつながる仕組み
    • IoTのつながる仕組み 主要な通信方式を徹底解説(024p)
    • 2020年には500億台が接続 通信技術の進化が支える(026p)
    • 新サービスや新規格登場 上位層には軽量プロトコル(028p)
    • 省電力のBLEで用途広がる 最新規格はIPv6に対応(032p)
    • 低消費電力で数十km飛ぶ しかも年額100円から(034p)
    • データ分析を容易に サーバーレスとエッジが話題(038p)
    • 脆弱性が相次いで見つかる IoTウイルスのDDoSが脅威に(040p)

  2. 特集2 ソフトに脆弱性が生まれるワケ
    • ソフトに脆弱性が生まれるワケ(044p)

  3. ビギナーズクエスチョン
    • 格安スマホの通信品質って大手キャリアと変わらないの? (008p)

  4. いまさら聞けない 定番技術
    • MTBF/MTTR 故障しにくさと復旧しやすさを表す指標(010p)

  5. イラストで学ぶネットワークのき ・ ほ ・ ん
    • プロトコルスタックを利用した通信(012p)

  6. コマンドとWiresharkでトラブル解決クリニック
    • インターネットアクセスが突然不安定に(014p)

  7. 安納順一のPowerShell Tips!
    • 同じ処理を繰り返してデータを集計処理する(016p)

  8. NEWS close−up
    • 本格化する 「5G」 主導権争い
      早くも展示会でアピール合戦 ARや4K/8K、遠隔警備システムをデモ(018p)
    • 「DLL読み込みの脆弱性」 が相次ぐ
      ダウンロードフォルダーが危ない 正規プログラムの実行でウイルス感染(019p)
    • Interop Tokyo 2017開催
      近未来ネットの目玉は 「サービスチェイン」 好きな機能を選択して経路を変える(020p)

  9. NEWS pickup&digest
    • NTT東日本が農業IoTの実証実験 AIでトマトの収穫量を予測する(022p)
    • 5/15−6/13
      WannaCryにWindows 7パソコンが感染 川崎市上下水道局が被害(023p)

  10. 特別レポート
    • お得な契約法から解約時の注意点まで Office 365、五つの疑問(052p)

  11. インター博士とネット君のスッキリわかる! ネットワーク技術解説
    • IPアドレスって何だろう? (060p)

  12. 当事者が語る! トラブルからの脱出
    • [今回の犯人] ルーター
      始業時に遅くなるインターネット接続 想定外のルーターがPPPoE接続(068p)

  13. LANからクラウドまで ネットワークなんでも実験室
    • Raspberry PiでIoT機器の監視システムを構築せよ! (074p)

  14. 基礎を学んでトラブルを防ぐ ネットワーク達人の知恵
    • 今回のテーマ LANケーブル 通信がたびたび不通になる(080p)

  15. Windowsネットワーク攻略術
    • 共通の設定をまとめて切り替える(086p)

  16. ここまでできる! セキュリティ診断のイロハ
    • 緊急脆弱性情報に対処(092p)

  17. 今号の確認テスト
    • (099p)

  18. スクエア
    • 読者のひろば(100p)

  19. 辻伸弘の裏読みセキュリティ事件簿
    • WannaCryの危険性を再検証 限られた条件下でのみ感染(102p)