日経トップリーダー2014年4月号
■発行日
毎月1日発行(年12冊)
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 15,860円
3年(36冊) 34,980円
■この号の価格(税込み)
1,234円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経トップリーダー2014年4月号

2014年4月号 no.355 4月1日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集1 一点突破全面展開
    • 一点突破全面展開 百年の奥義、ランチェスター経営で勝つ(010p)
    • 一点突破こそ、企業経営の王道 ランチェスター経営の伝道師が語る(012p)
    • 竹原ゴム加工 (ゴムの練り加工) ゴムの 「練り」 のプロフェッショナル(016p)
    • エス ・ ピー ・ アイ (要介護高齢者向け旅行サービス)
      専門人材を育て、大手のいない市場を開拓(018p)
    • キズキ (オートバイの販売 ・ レンタル) 「買う気がない人」 に着目し、局地戦を展開(020p)
    • 絞り込みは、時に苦悩をもたらす ランチェスター経営導入の正念場(022p)
    • 「強者の戦略」 への転換は慎重に(025p)

  2. 特集2 どうする? 中小企業の賃金
    • どうする? 中小企業の賃金 「金額」 よりも 「納得感」 (033p)
    • 社員を変えるため、賃金見直し 石坂産業 石坂典子 社長(034p)
    • 賃上げできないとき、やる気を下げない伝え方は ほか(036p)
    • 「会社のお金は雪だるま」 と説く 六花亭製菓 小田 豊 社長(040p)
    • 正当に評価されない不満が強い(042p)

  3. 編集長の直言
    • こだわり抜いた社長が創る お客が喜び、社員が幸せになる会社(003p)

  4. 中小企業の論点
    • 消費税アップ分の価格転嫁 監視強化と中小企業経営者の本音(007p)

  5. 編集長インタビュー
    • 小松安弘 氏 [エフピコ会長兼CEO(最高経営責任者)]
      今こそ投資したものが勝つ(046p)

  6. 社長の学校 標準化による革新
    • 観察 ・ 分析 ・ 判断から始まる(050p)

  7. 松本晃のシンプル経営教室
    • 社長に不可欠な13の基礎 強みを増やせば人脈広がる(054p)

  8. 堀場雅夫の知的楽観経営論
    • 「好之者不如楽之者」 ブラック企業はこれを読め(056p)

  9. 山田日登志のカイゼン経営塾
    • 売れる商品を生む覚悟 商売の原点に立ち返り 万年赤字から脱却(058p)

  10. 常識を切り崩す経営
    • 松田雅也 八面六臂社長 顧客ニーズがあれば事業内容は変えられる(063p)

  11. 極める 顧客満足編
    • アースダンボール 【ダンボールの製造 ・ 販売、埼玉県北足立郡】
      顧客の声に応えて生き残り 小ロットのオーダー品に活路(064p)

  12. 女性社長の 「うなる! 目のつけどころ」
    • 片桐実央 代表 【銀座セカンドライフ(シニア起業支援、レンタルオフィス運営)】
      シニアの起業をワンストップ支援 必要なサービスを気軽に安価で提供(066p)

  13. INFORMATION April 2014
    • 健康づくりを応援 ほか(068p)

  14. 社長のための指示待ち社員撲滅講座
    • 目標設定に 「アバウト言葉」 はNG 評価が曖昧になる原因に(069p)

  15. BOOKS 社長のための新刊本
    • 『仕事に生かす 「孫子」 』 「実戦」 のための 「原理原則」 の書 ほか(070p)

  16. 児玉靖彦の事業承継ひとごとじゃない!
    • 他人に渡った株の分散を防ぐ 定款の再チェックがポイント(071p)

  17. 日本で出合える海外デザイナーの名コース
    • 立野クラシック ゴルフ倶楽部 [ 千葉県 ]
      大胆さと緻密さが求められる戦略的コース(072p)

  18. 汗と涙の超体育会主義!
    • スピリットミーティングで 「バカになる」 思いを共有(079p)

  19. これいける! 改革
    • クレームを徹底活用するため トップ自らSNSで対応する(081p)

  20. プラチナ通信
    • 会社の未来は対話の中から生まれる
      組織作りとコーチング ▼コーチ ・ エィ 鈴木義幸社長 講演(082p)

  21. 小山昇のこれができなきゃ社長失格!
    • ベテランの士気を高める 「部下なし管理職」 (085p)

  22. 破綻の真相 白木屋グランドホテル(旅館の運営)
    • 安倍首相の地元で老舗旅館が破産 家業に固執し150年の歴史に幕(086p)

  23. 編集部から
    • (097p)

  24. 渋沢栄一を読み解く 『論語と算盤』 再考
    • 大事業を成す人は、自己の腕前よりも、 人物鑑識眼を備うるを必要とするのである。(098p)

「海外市場 中小企業はここで儲ける! 」 「ピンチの後にチャンスあり」 は休載します