日経おとなのOFF2010年12月号
■発行日
毎月6日発売(年12冊)
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 7,800円
■この号の価格(税込み)
700円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経おとなのOFF2010年12月号

2010年12月号 no.113 定価680円(税込み)11月6日発行・発売

内容紹介(目次)

  1. 死とは何か 臨終の作法とは?
    • 自分らしく死ぬ準備(010p)
    • 死と向かい合い、乗り越える(014p)
    • 臨終までの設計図(016p)
    • 遺言書の正しい書き方(018p)
    • 死ぬ場所を選ぶための基礎知識(020p)
    • 歴史に残る最期の言葉(022p)
    • 喪主がすることの手順(026p)
    • 宗派でこんなに違う葬儀の作法(030p)
    • 地域で違う葬儀の作法(032p)
    • 葬儀の基礎用語(034p)
    • 人生の最期を演出した歴史に残るお葬式(036p)
    • 墓が伝える死者からのメッセージ(039p)
    • 間違いのない墓選び(040p)
    • 墓 ・ 埋葬の新しい形(042p)
    • お墓の正しい作り方(044p)
    • どうすればいい? お墓の引っ越し(045p)
    • インタビュー 「死とは何か」 〜 山田太一、荒俣 宏、山折哲雄(048p)
    • 村上春樹と「死」と「現実(リアル)」(056p)
    • 死と生の境界を描いた日本文学(058p)
    • 「死」で読み解く宮崎アニメ(062p)
    • 絵本が語りかける「死」(064p)
    • 西洋名画に込められた死への思い(066p)
    • 静物画 & 風景画に隠された死のコード(070p)
    • 「死」があるから「人」として生きられる(072p)
    • 宗教が用意した死の答えと死後の世界(076p)
    • 死後の世界を形作った人(081p)
    • 死後の世界を感じる場所(082p)
    • 古典と芸能に見る日本人の死生観(084p)
    • 歴史上の人物の「死」の瞬間は?(086p)

  2. ボルドーワイン セカンドラベルの成熟
    • (098p)

  3. 誇りの地巡礼
    • vol.9 笠間(118p)

  4. 櫻井 寛 奥の細道紀行
    • 電車とバスと徒歩で行く(124p)

  5. 美術展の1枚、美術館の1枚
    • クロード ・ モネ(108p)

  6. Check The News!
    • 0泊2食の次は1泊3食!(111p)
    • 国産生マッコリが人気(113p)

    • 読者アンケートのお願い(116p)
    • 読者から/編集部から/次号予告(134p)