日経SYSTEMS2010年2月号
■発行日
毎月26日発行(年12冊)
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 17,500円
3年(36冊) 36,000円
■この号の価格(税込み)
1,543円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経SYSTEMS2010年2月号

2010年2月号 no.202 1月26日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集1 IT 現場の災害対策
    • 人が主役で進める(011p)
    • Part1 重点はシステムから人へ(012p)
    • Part2 人を中心にした仕組み(016p)
    • Part3 人のスキル向上(023p)
    • Part4 優先順位付けに有効な「BIA」(026p)
    • 大規模地震やパンデミックなど,IT現場はさまざまな災害への対策を求められている。しかし,対策システムを構築した現場が感じているのは,それらの対策で果たす「人」の役割の大きさだ。現場への取材をもとに,重点的に取り組むべきポイントをまとめた。

  2. 特集2 効果上がるメンターシップ
    • (038p)
    • 若手ITエンジニアの多くが,何らかの悩みや問題を抱えている。先輩が若手を支援する「メンターシップ」の取り組みはその解決策のーつ。メンターシップで効果を上げるためのコツを紹介する。

  3. 特集3 RIA 時代のユーザビリティ設計
    • (044p)
    • RIA(Rich Internet Application)を利用したユーザビリティ設計には,独特の難しさがある。自由度が高く,画面が複雑になりやすいからだ。RIA開発の専門家に,ポイントを解説してもらう。

  4. 検証ラボ
    • Windows 7 の性能 コピー性能がVistaの1.7倍,グラフィックスも高速に(050p)
    • Windows 7 の性能を調べ,Windows VistaやXPと比較した。ファイル ・ コピー性能など全般にWindows 7 は高性能だった。

  5. 事例に見る 問題解決の軌跡
    • 小島プレス工業 初アジャイルで現場こじれる,レビューを工夫し改善(056p)
    • アジャイル手法を初導入しEDIシステムを開発。メンバー同士のレビューが雰囲気を悪くしたが,妙案を考え出した。

  6. 絵で見るテクノロジ
    • 検索技術 インデックスで求める文書を探す,単語の区切り方で検索結果に違い(060p)
    • 企業の内外に文書があふれかえっている。その中から,求める文書を見つけ出すのに便利なのが検索技術である。

  7. 連載講座
    • [システム構築スキル] (066p)
    • はじめてのプロジェクト ・ マネジメント [第8回] プロジェクトのリカバリ
      立て直しは必要性の合意から,過去のしがらみを断ち切る(066p)
    • アンチパターンで習得する上流工程テクニック [第8回] セキュリティ設計
      運用体制やコストを見据え,リスクへの対処法を導く(072p)
    • [技術 ・ 製品スキル] (078p)
    • クラウドきほんのき [第8回] Amazon EC2/S3 [設計編]
      スケールアップは容易,サーバーの自動増減も可能(078p)
    • 自動化に挑戦! テスト ・ ツール活用法 [第2回] テスト ・ ライフサイクルの実践
      テストにも上流工程がある,目的に応じてツールを選択(084p)
    • [ビジネススキル] (088p)
    • 要件定義を成功させる「聞く力」 [第2回] ヒアリングの実施(1)
      漏れなく集め,理解深める五つの実践ワザ(088p)
    • 誰も教えてくれなかった プレゼンテーション術 [第2回] 話すより聴く技術が大事
      聞き手の様子をよく観察し, “間” を取って心をつかむ(092p)

  8. コラム
    • 永井昭弘のすごい現場 社員食堂が一番の打ち合わせ場所だった(007p)
    • 鴨志田 昭輝のセキュリティ事件簿 ユーザー相乗りのSaaS 顧客情報まで筒抜け?(009p)
    • 鈴木雄介のITアーキテクトの視点 開発者の視点で作る時代は終わった(010p)
    • 大森久永のリーダー流儀 15カ条 [第2回] テストは塗り絵である(103p)

  9. インフォメーション
    • バックナンバー(036p)
    • 新刊紹介(096p)
    • 新製品/新サービス(097p)
    • データセンター ・ コンパス(100p)
    • 事例ダイジェスト(101p)
    • 読者から(102p)
    • 編集から/次号予告(106p)