日経SYSTEMS2012年4月号
■発行日
毎月26日発行(年12冊)
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 17,500円
3年(36冊) 36,000円
■この号の価格(税込み)
1,543円
この商品は完売いたしました
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経SYSTEMS2012年4月号

2012年4月号 no.228 3月26日発行

内容紹介(目次)

  1. 特集1 システムを育てる カイゼン型開発のススメ
    • 手嶋 透(037p)
    • 【Part 1】 従来型開発の限界(038p)
    • 【Part 2】 改善を繰り返し成長したシステム(042p)
    • 【Part 3】 改善点を掘り起こす(048p)
    • 【Part 4】 この五つを変えた(052p)
    • 【INTERVIEW】 楽天のサービスが成長し続けられるワケ(040p)
    • カットオーバーを開発チームのゴールと捉えていると、稼働後は場当たり的な保守になりがちで、やがて変化に追従できなくなる。カットオーバーを通過点と捉え、 「カイゼン型開発」 に変えていこう。

  2. 特集2 手間なく効果大! ゆるい時間管理術
    • 西村 崇(056p)
    • 多忙を極める IT エンジニアにとって欠かせないのが時間管理。しかし厳密にやろうとすると、大きな手間がかかってしまう。無理なく続けられて効果が大きい 「ゆるい時間管理」 を実践しよう。

  3. 特集3 現場の目利きに学ぶ 製品選定の技術
    • 池上俊也(062p)
    • 情報システムを構成する製品選定が難しくなっている。基盤ソフトやクラウドなどの選択肢が増えたからだ。情報をどう集め、どう整理 ・ 分析すればいいのか。

  4. 検証 こちら検証ラボ
    • Oracle Database Appliance 導入記
      RAC環境の設計 ・ 構築は、従来の1/15の時間で完了した … 川上明久(068p)
    • Oracle Database Applianceを使うと、短時間でRAC環境を構築できるという。果たして本当なのだろうか。

  5. 事例 ケーススタディー問題解決の現場
    • 横浜市 初の共通システム基盤作り、利用部門の要望でDB見直す … 矢口 竜太郎(072p)
    • 共通システム基盤作りに挑んだが、利用部門からの強い要望を受け、統合DBの設計を見直すことになった。

  6. 技術 テクノロジーのかたち
    • laaS オートスケール機能が備わるが、分単位でしか動作しない … 干場一彦(076p)
    • 「設計 ・ 実装」 「性能テスト」 「オートスケール」 などの場面を取り上げ、アンチパターンを原因とともに紹介する。

  7. 【NEW】 連載講座
    • 信頼される開発者の文章テクニック [第1回] 正しい日本語 島田悟志、上田志雄
      速く読めて誤解がない書き方にはコツがある(084p)
    • 比較でもっとわかるプロマネ技術 [第1回] 立ち上げとクロージング 小浜耕己
      情報は待たずに作り出し、完了判定は基準を守る(090p)
    • 開発プロセスのデザイン術 [第1回] システム企画 (前編) 岡 大勝、三宅和之
      その目標でプロジェクトが進む? 業務フローは事前に作ろう(096p)
    • 狙われた現場 セキュリティを強化せよ [第1回] アカウントハッキング 鴨志田 昭輝
      振り込み被害が続発、認証強化策を検討しよう(102p)
    • メンバーの力を引き出すリーダーシップ [第1回] 心を開いて信頼関係を作る 金澤 透、佐藤通規
      コミュニケーション基盤は日常会話から作られる(108p)

  8. TREND
    • スケールアウト型SQLデータベース RDBとKVSのいいとこ取り … 西村 崇(010p)
    • 省電力サーバー 電力不足や電気料金上昇に対応 … 干場一彦(012p)

  9. コラム & インフォメーション
    • 永井昭弘のすごい現場 身だしなみの大切さ、新人の頃を思い出そう(070p)
    • 鴨志田 昭輝のセキュリティ事件簿 ウイルス作成罪で逮捕も、問われる法律の実効性(008p)
    • 林 浩一の IT アーキテクトの視点 リファレンスモデルで開発の全体感を共有(009p)
    • 御意見番 細川泰秀のデータは語る [第4回] 開発工期
      工期は短いか十分か? この式で判断できる(120p)
    • 【NEW】 新野淳一の技術インパクト [第1回] SDN (Software - Defined Network)
      ネットワークはソフトで実装、構成するのはプログラマに(121p)
    • 日経SYSTEMS 記者の眼 標準化の転機が来た、 “均質化” から “効率化” へ … 池上俊也(122p)

    • 新刊紹介(118p)
    • 事例ダイジェスト(119p)
    • 読者から(116p)
    • 編集から/次号予告(117p)
    • Cloud Innovation Award 2012 (036p)