日経Robotics2017年1月号
■発行日
■年間購読料(税込み)
1年(12冊) 48,600円
■この号の価格(税込み)
5,000円
この号を一冊購入する
(この号を一冊購入する)
定期購読を申し込む
■返品・解約について

日経Robotics2017年1月号

2017年1月号 no.18 12月10日発行

内容紹介(目次)

  1. Cool Topic
    • 吉野家が店内の食器洗浄工程に協働ロボ導入へ 同社未来創造研究所が主導したロボット導入戦略(003p)
    • パナソニックが深層学習で対話エンジン開発 対話技術コンテストで世界トップ級、ロボに応用へ(006p)
    • 中国で急速に普及するレストラン向けサービスロボ 年2万台の量産能力持つ大手Pangolin社、SLAM型投入(010p)

  2. Robotics法律相談室
    • 米国で導入されたドローンの新規制 その概要や日本の航空法との相違点は(013p)

  3. Sexy Technology
    • ロボットの外装や手指などに“貼れる”極薄カメラ 日立がレンズ不要化技術、センサのみで撮像(014p)

  4. Case Study
    • ツムラが11種のロボットで医薬品工場を全面自動化 漢方薬市場の拡大受け生産量倍増を狙う(018p)

  5. Cool Topic
    • 東芝がディープラーニングでラグビー映像解析技術 選手検出にはCNN、シーン識別にはLSTM(023p)
    • ドローン向けモータ市場に日本企業が相次ぎ参入 密閉度を高めた防塵 ・ 防水仕様の需要高まり受け(026p)
    • 水深100mで稼働する人型の水中ロボット 米Stanford大が開発、ハプティクスデバイスで操作(028p)

  6. Global Watch
    • 米ロボット業界を支える黒子 ベンチャーに足りない電子技術を提供(030p)
    • 韓国語による対話型AIサービス開発に気勢 Samsung社は家電から自動車まで掌握狙う(032p)

  7. SLAMとは何か
    • Extended Kalman Filterによる自己位置推定 ガウス分布のモデルを状態空間へ線形化して写像(034p)

  8. AI最前線
    • Differentiable Neural Computers 外部記憶を備えたニューラルネットワーク(036p)

  9. RoboTechのすすめ
    • ロボットに関心が薄い日本のIT系ソフト技術者 彼らに興味を持ってもらうにはどうすればよいか(039p)

  10. Flash News
    • 全自動衣類たたみ機のセブンドリーマーズが60億円を調達(040p)