幸せをはこぶ 絵本&児童書300冊

日経キッズプラス 編

A4変
(約)128ページ
 
価格 1,008円(税込み)
ISBN 978-4-8222-3051-7
発行元 日経BP社
発行日 2009/04/23

幸せをはこぶ 絵本&児童書300冊

内容紹介

★親子のコミュニケーションが増える、子どもの語彙力、話す力、表現力がアップする!★
  目的(生活のシーン)別&専門家がお薦めの本を選べる絵本と児童書のガイド


毎年3000冊以上も出版される子どもの本。
「読み聞かせ」は子どもにとっていいとわかっていても、
「どんな本を選んだらいいの?」「たくさんありすぎてどの本が子どもにいいのかわからない」
「子どもがなかなか本好きになってくれない」「上手に読めないから読み聞かせが苦手」など、
悩みもつきもの。
忙しいパパ、ママたちが子どもと一緒に読む本を選ぶためのガイドブックです。

◎親子の会話が弾む1冊が必ず探せる!
◎目的別、年齢別に子どもにぴったりの本が探せる!
◎幼児(3歳)から小学校6年生まで。読み聞かせで読みたい本、親子で感想を話し合いたい本が満載。
 親世代の懐かしい本から、今小学生に人気の本まで、すべてがわかります。



◆子どもの本の書店員&司書さんが薦める 
 子どもの気持ちに寄り添いたいときの100冊
――想像力を広げたい、とにかく笑いたい、言葉遊びの面白さを満喫したい、
 寝る前に安心したい、友達とケンカして帰ってきた日、不安な気持ちを解きほぐしたい――


◆大事なことを子どもに伝えたいときの本
――家族や友達の大切さ、人のやさしさ、命のつながり、自然や異文化との出会い――


◆人気絵本作家、宮西達也さんインタビュー 「絵本は親子で読んでこそ、完成するものです」


◆直木賞作家 原田宗典さん、朱川湊人さんが 親子で読んできた本の思い出


◆経営者、宇宙飛行士、難関大学生が「人生を決めた」1冊


◆「読書好きな子にする環境づくり」読者の実例、「読書を読解力につなげさせるポイント」


◆パパ’ス絵本 プロジェクトメンバー&川本裕子さんが実践済み!
[子どもにウケる本、会話が広がる本]

◆本の世界が深まる、新しい本との出会いがある
「絵本美術館」「子どもの本専門店」「児童書が充実の図書館」


この商品は完売いたしました

■返品・解約について