あきらめない

村木 厚子 著

4-6
272ページ
 
価格 1,512円(税込み)
ISBN 978-4-8222-6814-5
発行元 日経BP社
発行日 2011/11/28

あきらめない

 働くあなたに贈る真実のメッセージ

内容紹介

「働く女性の希望の星」から一転、逮捕・164日間の勾留――
極限状態の中、決して屈しなかったのはなぜか。

「どんなに悪いことがあってもあきらめない。人生に何があってもリカバリーできる」
「郵便不正事件」で無実の罪に問われ、逮捕、164日間の勾留をされながら、耐え抜いて、
無罪を獲得した、その「あきらめない心」の秘密を、本人が明かした初の著書。

「二人の娘の存在が心のつっかい棒になった」
「“一日一生”の精神が心の支えとなった」…
55年の半生を振り返りながら語られる言葉は、
すべての人の心を揺さぶるメッセージ――


【目次】
はじめに

私の履歴書


第一章 「あきらめない心」の原点
人見知りだった私が労働省に入るまで/がむしゃらだった20代/結婚そして出産、子連れ赴任

第二章 仕事の軸が見えてきた
女性たちのネットワークに助けられて/家族の絆/仕事で生きた育児体験/昇進のススメ
つながって見えてきた自分の仕事

第三章 逮捕、勾留を支えたものは
逮捕そして勾留されて/心のつっかい棒は娘たち/折れない心の秘密

[家族の思い]
これからも一緒に歩いていこう ・・・夫(団体理事・57歳)
母を心から尊敬しています   ・・・長女(会社員・26歳) 
信じた通りの家族だった    ・・・次女(大学生・20歳)

第四章 釈放・復職、そして今後のこと
やっとすべてが終わり、復職へ/今、思うこと

おわりに

[巻末資料]
勾留生活164日間を支えた149冊 全リスト

買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について