製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後

発行:日経BPクリーンテック研究所/調査:テクノアソシエーツ 

A4
135ページ
 
価格 120,960円(税込み)
ISBN 978-4-8222-7356-9
発行元 日経BP社
発行日 2012/12/21

製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後

内容紹介

現在、世界市場においてEVをはじめとする電動車の動向は不透明感を増している。こうした電動車市場の将来動向を見極めるには、クルマの性能や技術動向、開発戦略の視点のみならず、各社が展開する製造戦略に注目する必要がある。電動車の普及に向けては量産による低コスト化が優先課題の一つであり、一定の開発レベルで大規模量産を実現した者が市場の主導権を握る。そのため、電動車およびリチウムイオン電池サプライヤー各社の量産規模、注力度、当初計画と現状、市場影響力は注目する必要がある。

そこで本レポートでは、主要自動車メーカー11社の電動車の製造戦略、および米国・欧州・アジア地域における販売市場・製造拠点の動向から、電動車市場の現状と将来動向を考察した。併せて、Tier1や電池、モーター、インバーター、制御、インホイールモーターなど主要部品メーカー、電池素材、炭素繊維素材など材料メーカーの電動車戦略についても紹介。本書を通じて、各社の優位性や課題、重点地域、優先するパワートレインとその本気度、公開情報と現状とのギャップなどが浮かび上がる。

◆サンプルページはこちら

≪本レポートの特徴≫
◆電動車市場について、開発車種の性能・技術動向を紹介した出版物が多く見られる中、本レポートでは主要自動車メーカーの製造戦略、および主要部品メーカーの電動車への 取り組みの視点で分析。

◆電動車および電池サプライヤー各社のリチウムイオン電池の量産規模、当初計画と現状との違い、注力度、市場影響力などを考察。

◆世界各地で展開される製造拠点は今後どのように変わっていくか。電動車製造戦略のトレンドを当社独自の考察を交えた分かりやすく紹介。

◆米国、欧州、アジア地域別の販売市場と製造地域動向について考察。

◆重要視される共通プラットフォームの導入と電動車、各部品サプライヤーとの関係について考察。

※本商品はお取り寄せ商品につき、発送までに1週間程度かかります。

目次を見る 買い物カゴに入れる

■返品・解約について

おすすめ商品

書籍&ムック

次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会

次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会

発行日:2012/12/21

価格:120,960円(税込み)

買い物カゴに入れる