日本版インダストリー4.0の教科書

山田太郎 著

4-6
224ページ
 
価格 1,944円(税込み)
ISBN 978-4-8222-3987-9
発行元 日経BP社
発行日 2016/05/06

日本版インダストリー4.0の教科書

 IoT時代のモノづくり戦略

内容紹介

本質は工場のロボット化じゃない!
300以上の国内外の製造業改革プロジェクトを手掛け
ドイツの現場を調査したプロが解き明かす
日本製造業に合わせたインダストリー4.0導入術

ドイツと米国が火をつけた第4次産業革命。本書では、インダストリー4.0の概念論ではなく、ドイツの現地調査を通して、日本製造業に合わせた具体的な導入論を展開。IoTとインダストリー4.0の本質を見極め、「儲かる製造業」になるための具体的な戦略と導入のポイントをわかりやすく解説します。大企業から地方の町工場まで、すべてのモノづくり企業に生き残りの指針を示す1冊です。

【目次】
はじめに

第1章 インダストリー4.0とは
 1. インダストリー4.0(第4次産業革命)とは?
    現実の変化
モノづくりの未来学
中小企業の復権の方法
インダストリー4.0は有効か?
2. 求められる発想の転換
    情報産業としてのモノづくり
    エンジニアリングチェーンとサプライチェーン
3. ドイツの戦略と米国の戦略
    ドイツの戦略
    米国の戦略
4. 出遅れた日本
    日本の現状と課題
    日本はインダストリー4.0をどう取り込むか
    インダストリー4.0に適応しないと、日本はどうなる?

第2章 日本の取るべき戦略と実践
 5. 日本の目指す道
    製品の戦略的自由度を高める方法
    経営者はスループットの最大化を目指せ
    地政学的立地条件に注目せよ
    IoT時代の政府の役割
    働き方の質の変化と社会

第3章 産業別インダストリー4.0戦略
 6. 産業別の留意点
    自動車産業
    機械産業
    家電産業
    素材産業・その他

第4章 インダストリー4.0実践−データを連携する
 7. インダストリー4.0時代のアーキテクチャー
    IoTのレイヤー(階層)構造
    IoT標準化の動き
 8. マネジメントデータとオペレーショナルデータの情報連携と応用
   マネジメントデータとオペレーショナルデータ
   マネジメントデータ
    (1)PLMとは何か
    (2)PLMとBOMデータ
   オペレーショナルデータ
    (1)データ連携
    (2)データの収集と活用
    (3)ERPとスケジューラー(計画から生産指示へ)
    (4)MESとSCADA
   インダストリー4.0の進化と四つの段階別導入手順

第5章 日本版インダストリー4.0を成功に導く三つの重要戦略
 9. インダストリー4.0でマネジメントするもの
    スペック・マネジメント
    スループット・マネジメント
    アセット・マネジメント

おわりに

買い物カゴに入れる
電子版は日経ストア

■返品・解約について

おすすめ商品

書籍&ムック

勝者のIoT戦略

勝者のIoT戦略

発行日:2016/05/24

価格:1,728円(税込み)

買い物カゴに入れる