なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか

山本 崇雄 著

四六判
232ページ
 
価格 1,620円(税込み)
ISBN 978-4-8222-3651-9
発行元 日経BP社
発行日 2016/07/04

なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか

内容紹介

「勉強しなさい」と親が言わなくても、子どもが自分から机に向かうやる気を育て、
変化の大きい時代でも、たくましく生き抜く力を子どもにつけさせたいと思う親の必読書です。


「下町のトップ校」と言われ、作家の芥川龍之介や堀辰雄を輩出した名門、
都立両国高等学校・附属中学校の現役英語教諭による、
家庭でもすぐに実践でき、学力を伸ばす教育法を解説します。

キーワードは、「教えない」。
著者の授業で教壇に立つのは生徒たち。あるいは生徒同士がペアやグループでお互い学び合います。
教師は教室の後ろで授業を見守るだけです。教師が教壇に立って教えなくても、
英語能力を測るテスト(GTEC for STUDENTS)のスコアは伸び続け、
中学生で英検準1級を取る生徒もいるほどの実力をつけ、クラス全員が自然に英語を話しています。
英語以外の教科でも「教えない」授業で学力が伸び、大学受験でも成果を上げています。

この「教えない授業」とは、文科省が提唱する「アクティブ・ラーニング」の手法で行われるもので、
生徒の自立を促し、学ぶ楽しさを実感させることで結果として成績を伸ばす授業といえます。
家庭での教育でも応用ができ、本書では親がすぐに実践できる家庭での「教えない」教育方法についても具体的な手法を述べています。
2020年度に大学入試は大きく変わります。背景にあるのは、AI(人工知能)が台頭する時代でも、
グローバルな環境に対応し、コミュニケーション能力の高い人材を育てるためには、教育が変わらなければ立ちゆかないという危機感です。
今後、ますます不確実性が高まる時代、企業が求める人材を高校と大学教育が手を組んで育てていかなければ、日本は立ちゆかないという危機感とも言えます。
著者がなぜ「教えない授業」という手法にたどりついたのかの試行錯誤の過程についても詳細に述べるとともに、生徒や保護者、他の教科の教師らの手記も収録し、多角的に「教えない授業」の効果について検証しています。


≪主な内容≫
【第1章】 「教えない授業」とは何か
【第2章】 英語で実践する「教えない授業」
【第3章】 「教えない授業」への道のり
【第4章】 「教えない授業」は大学入試に通用するか
【第5章】 「教えない授業」が学校を変える
【第6章】 家庭でも「教えない授業」

目次を見る 買い物カゴに入れる
電子書籍でも 発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について