無葬社会

鵜飼 秀徳 著

四六判
320ページ
 
価格 1,836円(税込み)
ISBN 978-4-8222-3856-8
発行元 日経BP社
発行日 2016/10/31

無葬社会

 ――彷徨う遺体 変わる仏教

内容紹介

「多死時代」に突入した日本。今後20年以上に渡って150万人規模の死者数が続く。
遺体や遺骨の「処理」を巡って、いま、“死の現場”では悩ましい問題が起きている。
首都圏の火葬場は混み合い「火葬10日待ち」状態。
遺体ホテルと呼ばれる霊安室ビジネスが出現し、住民運動が持ち上がっている。
都会の集合住宅では孤独死体が続々と見つかり、スーパーのトイレに遺骨が捨てられる---。
原因は、地方都市の「イエ」や「ムラ」の解体にある。その結果、地方で次々と消える寺院や墓。
地方寺院を食う形で、都市部の寺院が肥大化していく。
都心では数千の遺骨を納める巨大納骨堂の建設ラッシュを迎えている。だが、そこに隠される落とし穴----。
日本を覆い尽くさんばかりの「無葬社会」の現実。
現代日本における死のかたちを通して、供養の意義、宗教の本質に迫る。
ベストセラー『寺院消滅----失われる「地方」と「宗教」』の著者、渾身の第2弾。

【目次】

(第1章) 彷徨う遺体と遺骨
 火葬10日待ちの現実
 遺体ホテルが繁盛する時代
 増える献体、捨てられる遺骨
 超高齢社会が招く孤独死の悲劇
 孤独死現場を「リセット」する人たち

(第2章) 変わりゆく葬送
 葬儀のない葬儀場
 都心のビルに一万基の遺骨
 日本海に浮かぶ散骨島
 理想の墓が新潟にあった
 無数の遺骨を集めて仏像に
 お坊さん便、食えない僧侶を走らす
 仏具屋が見る「寺院消滅」

(第3章) 縁を紡ぐ人々
 孤独死を防ぐ縁のかたち
 路上生活者を供養する僧侶
 難民キャンプに図書館を
 地域再生と寺院
 都市と地方の寺院をつなぐ

(第4章) 仏教存在の意義 〜原始仏教研究者・佐々木閑氏に聞く〜
 日本仏教の特殊な成り立ち
 今を生きる人のための仏教
 社会の受け皿としての仏教
 「律」の精神で現代日本を見直すと
 本質ではなく、かたちが変わってゆく
 (資料) 現代社会における葬送データ

目次を見る 買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について