予約受付中

胃カメラのおいしい飲ませ方(仮)

中島恒夫 著

B5判(付録DVD付き)
(約)150ページ
 
価格 5,184円(税込み)
ISBN 978-4-8222-5890-0
発行元 日経BP社
発行日 2017/12/12

胃カメラのおいしい飲ませ方(仮)

内容紹介

年間3800例以上の上部消化管内視鏡検査を実施してきた著者が、胃カメラを患者においしく飲ませるコツを解説。

◆主な内容
■はじめに
 「胃カメラのおいしい入れ方」教えます
■基本知識
 胃カメラの種類/必要な周辺器具/事前の問診と溶液、麻酔の流れ/抗血栓薬の取り扱い/「鎮静薬を使ってください!」と言われたら
■術者と患者の型
 咽喉頭通過編(1)「アイーン」で地雷ポイントを通過する/咽喉頭通過編(2)胃カメラ術者の「型」、4つのポイントとは?/咽喉頭通過編(3)食道への胃カメラ挿入は右から?左から?
■いよいよ挿入
 色素散布法(ヨード、インジゴカルミン、酢酸+インジゴ)/画像強調:NBI撮影は抜きながら?入れながら?/前処置は不要!ありのままの蠕動状態を観察/いよいよ食道:食道が泡だらけになっていませんか/胃に入ったらここをチェック(1)胃に到達したらまず…/胃に入ったらここをチェック(2)「瀑状胃」ってご存知ですか?/胃に入ったらここをチェック(3)胃を先に見るか、それとも十二指腸を先に見るか/十二指腸をどう見る(1)十二指腸を見たいのに幽門輪が開かない!/十二指腸をどう見る(2)上十二指腸角は検者の体を捻って越える/十二指腸をどう見る(3)私のこだわり! 水平脚に入れる!/十二指腸をどう見る(4)スポッと抜けちゃうんです/私の“裏技”(1)胃カメラでメントールを愛用しています/私の“裏技”(2)胃カメラ中の止まらないゲップを押さえる方法
■応用篇
 「経鼻内視鏡でお願いします」と言われたら/経鼻内視鏡の画質の低さを補う一工夫/機能性消化管障害の診療を考える(1)/機能性消化管障害の診療を考える(2)/胃カメラの「死角」を見える化するには/胃カメラを抜く際の5つのこだわり/変わった自験例(1)胃カメラが入らなかった患者/変わった自験例(2)バリウム検診で「要精検」と言われる患者/番外編=原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!?

買い物カゴに入れる

■返品・解約について