キーワードで学ぶ最新情報トピックス 2017

久野靖、佐藤義弘、辰己丈夫、中野由章 監

B5
200ページ
 
価格 1,296円(税込み)
ISBN 978-4-82229-221-8
発行元 日経BP社
発行日 2017/01/23

キーワードで学ぶ最新情報トピックス 2017

内容紹介

 インターネットの便利なサービスとそれを提供する企業、実社会におけるIT、情報倫理とルール、ネットの脅威とセキュリティへの対応策、コンピュータやインターネットの基礎技術など、IT分野のキーワードを幅広く解説しています。1つのトピックについて、誰でもわかる概要と一歩踏み込んだ解説の両方を2ページに凝縮しているので、気になるキーワードだけを拾い読みすることもできます。また、大学における情報リテラシーの教科書としても利用できます。
 本書は『キーワードで学ぶ最新情報トピックス2016』の改訂版で、前版の発行(2016年1月)の後に起こった最新動向を踏まえて改訂しました。2017版での主な改訂点は以下のとおりです。

■分野統合
「ネットワークの脅威とセキュリティ」と「情報社会に欠かせない倫理とルール」を統合して、「情報倫理とセキュリティ」に。

■新設キーワード
・情報セキュリティ(分野:情報倫理とセキュリティ)
なぜ情報セキュリティが必要か、機密性、完全性、可用性という情報セキュリティの3要素、情報セキュリティの事件と事故の説明など。
・人工知能(AI)(分野:わたし達が生きる情報社会)
人工知能を利用してできること、人工知能の課題、ニューラルネット、機械学習、ディープラーニングなどについて解説。
・ロボティクス(分野:わたし達が生きる情報社会)
ロボティクスという概念、Googleセルフドライビングカーなどの例、ロボット工学三原則、サイボーグ型ロボットなどを説明。
・VRとウェアラブルデバイス(分野:わたし達が生きる情報社会)
VR(仮想現実)とAR(拡張現実)、実際に使われているVRやARの例、VRに必要な機材、VRの問題点や課題などを説明。
・サーバーとネットワークサービス(分野:ネットワークやインターネットに関わる技術)
代表的なネットワークサービス、クライアントサーバーシステム、ユーザー認証方法、ストリーミングサーバーなどについて解説。
・論理回路(分野:ハードウェアに関わる技術)
AND(論理積)、OR(論理和)、NOT(論理否定)という基本論理回路、XOR(排他的論理和)、NAND(否定論理積)、NOR(否定論理和)、半加算器、全加算器の説明など。
・コンピュータとシミュレーション(分野:ソフトウェアに関わる技術)
コンピュータシミュレーションとは、シミューレーションとモデル、さまざまなシミュレーションの種類、物理演算エンジンなどを説明。
・データのモデル化(分野:ソフトウェアに関わる技術)
データベースとデータモデル、モデル化がなぜ必要か、関係モデル、関係データベースと正規化、関係代数と関係論理の説明など。

■新設付録
・JavaScriptでプログラミング
JavaScriptで簡単なプログラムを作成し、実際にWebブラウザを使って動かしてみる演習。
・Scratchでプログラミング
Webブラウザで利用するScratch 2.0でプログラムを作成し、実際に動かしてみる演習。

■廃止キーワード
・表計算ソフト
・プレゼンテーションソフト

■その他の主な変更点
●インターネットの活用
・LINE:右ページの『海外でのメッセージアプリの動向』をカットして『LINE Creators Market』を追加、従来の図2を削除して新しい図2を追加。
・FacebookとSNS:mixiの説明をカットしてMessengerの説明を追加。右ページは『LINEがSNSに参入』をカットして『海外でのメッセージアプリの動向』の項目を追加、新たに図3と図4を追加。
・Twitter:左ページの『情報伝達メディアとしてのTwitter』以下をカットして『Twitterと競合する新サービス』を追加、従来の図2を削除して新しい図2を追加。
・YouTubeとニコニコ動画:右ページの『動画投稿サイトでの著作権問題』と『ツイキャスによるライブ配信』をカットし、『Content IDによる著作権管理』と『動画投稿サイトから生まれる新しい潮流』の項目を新設、従来の図3、図4を削除して新しい図3を追加。
・Yahoo!知恵袋とOKWAVE:右ページの『Yahoo!知恵袋不正入試事件』をカットし、不正入試事件の説明を含めて『Q&Aサイトの問題点』として追加、従来の表1、図3を図3、図4に変更。
・ネットショッピング/ネットオークション:トピック名を「ネットショッピング」から改題。従来のネットショッピングの解説を縮小して、ヤフオク!などネットオークションの解説を追加、従来の図2、図3を新しい図2、図3に変更。右ページは『ネットショッピングの普及で店舗に変化も』と『電子商取引の用語』をカットし、『個人間の物品販売の場』と『ネットショッピングの市場規模』の項目を新設、新たに図4と表2を追加。

●情報倫理とセキュリティ
・迷惑メール:右ページの『迷惑メールの現状――全メールの7割以上に』を『迷惑メールの現状――全メールの半分程度に』に変更し、最新動向に基づいて解説を更新。『フィッシングメールの被害も深刻に』をカットして『自動判定して止めるフィルタリング』の項目を新設、新たに図3を追加。
・暗号化:右ページの『暗号の種類は大きく分けて3つ』を『暗号に関わる3つの基礎要素』に変更し、解説内容を変更。
・パスワード:右ページの『覚えられなければ安全にメモする』の解説を縮小して図4も変更。『パスワードハッキングでプライベート写真が流出』の項目を新設。
・個人情報と情報社会の法:右ページの『法令以外にも注目したい判例』をカットし、『選挙運動のネット利用 法律改正によって可能に』の項目を新設。

●わたし達が生きる情報社会
・産業システムとICT:従来の図1〜図3を新しい図1〜図3に変更。右ページは『3Dプリンタと3Dスキャナ』の解説を充実させ、新たに図4を追加。『ICTの夢と現実』をカットして『IoT向けの無線通信』の項目を新設。
・電子マネー:右ページの『電子マネーの仕組みを守る法律「プリカ法」』を『電子マネーの仕組みを守る法律「資金決済法」』に変更し、法律の最新動向に基づいて解説を更新。『ネットワークで利用される電子マネーとビットコイン』の項目も最新動向を反映。
・ビッグデータ:右ページの『ビッグデータでわかることとは?』を『データの関係を見つける』に変更して解説内容を変更、図2も新設。
・身近な機器のコンピュータ:左ページの解説を大幅に変更して図1も変更。右ページは『組み込みシステムのハードウェア』をカットし、『Raspberry Pi 3でIoTデバイスを自作』の項目を新設、新たに図3を追加。『もののインターネットInternet of Things』は最新動向に基づいて解説を更新し、従来の図3を新しい図2に変更。
・センサーと計測制御:右ページの『センサーを利用したさまざまな機器』で、ドローンの説明を追加するなど最新動向に基づいて解説を更新。

●情報やメディアに関する技術
・標本化・量子化・符号化:トピック名を「標本化と量子化」から改題。左ページで符号化、標本化周波数、量子化ビット数を解説。

●ネットワークやインターネットに関わる技術
・TCP/IP:図1を作成し直し。
・携帯電話網:4G、5Gの解説を最新動向に基づいて更新し、表1も最新の情報に更新。

●ハードウェアに関わる技術
・コンピュータの基本要素:右ページの『現代のCPUは毎秒数十億命令を実行』の記述を最新動向に基づいて更新し、図2も更新。同様に『CPUにはいろいろなものがある』も記述を更新し、図3も更新。
・パソコンの内部:記述を最新動向に基づいて更新し、図1をノート型パソコンをベースにしたものに変更。右ページは『マザーボードがパソコンの実体』を『デスクトップ型のパソコンの中身』に変更して記述も見直し、従来の図2を図2と図3に変更。
・ハードディスクとSSD:右ページの『インタフェースはシリアルATAが主流』をカット。従来の『ハードディスクのトラブルと対策』を『ハードディスクとSSDのトラブル』と『転ばぬ先の予防対策』の2つの項目に分けて詳細に解説。
・リムーバブルメディア:右ページの『メモリーカードの各種の規格』を『SDカードの種類と規格』に変更し、SDカードについて詳しく解説、表3も新規追加。
・ディジタルカメラとイメージスキャナ:記述を最新動向に基づいて全面的に変更し、従来の図1〜図3も具体的な製品写真に置き換え。右ページの『ディジタルカメラの仕組みとイメージセンサの種類』は、従来の図5を差し替え。
・ディスプレイとプリンタ:右ページの『色の表現方法』に、加法混色と減法混色の説明を追加。
・ディジタルオーディオプレーヤ:右ページの『ハイレゾって何?』を『CDを超える高音質のハイレゾオーディオ』に変更し、より詳しく解説、新たに図5と図6も追加。
・4Kテレビ:『4K放送の現状と今後』の記述を最新動向に基づいて変更。右ページの『4K放送の受信に必要な機材』も最新動向を反映。

●ソフトウェアに関わる技術
・ソフトウェア開発:右ページの図4と図5を作成し直し。
・アルゴリズム:図2を作成し直し。
・ユーザーインターフェース:右ページの『先進的なユーザーインターフェース』をカットして『人間の情報処理モデル』の項目を新設。
・データベース:右ページの『関係データベースとNoSQL』をカットし、『DBMS』と『トランザクション』の項目を新設、従来の図3を新しい図3に変更。『データウェアハウス』の項目を縮小。

(商品番号:C92210)

関連リンク

サンプルファイルのダウンロード

目次を見る 買い物カゴに入れる

■返品・解約について