想いをブランディングする経営

関野吉記 編著

4-6
264ページ
 
価格 1,620円(税込み)
ISBN 978-4-864430-79-1
発行元 日経BPコンサルティング
発行日 2015/04/13

想いをブランディングする経営

内容紹介

厳しい経営環境が続くなかでも、成長を続ける企業がある。
だが、そこには多くの苦難があった。
企業が壁にぶち当たったとき、リーダーたちはどのように乗り越えてきたのか?
人材コンサルティング、企業ブランディング、葬祭業、金融ソリューションなどの業界で活躍する
10社10人のリーダーが、強いチームをつくるための秘訣を伝授する。
ビジネスパーソンとしての悩みを解決してくれる一冊である。

ブランドは「モノ」から「想い」へ
企業カルチャーを構築するのは「人」。
経営者や社員の「想い」こそが、
強いブランドをつくる力となる。


■目次
「一人前」よりも「一流」を目指す
企業カルチャーの革新と継承で「より高く」人材を育成する
(ヨネヤマ 武井泰士)

業界の常識を覆してきた「顧客のために挑戦する精神」
(メモリアルアートの大野屋 大澤静可)

「考える」企業文化が生み出す
一歩先のスポーツフィールド
(日本体育施設 奥 裕之)

元教員志望の社長が提供する「生きる力」
(フォース 寺澤勇一郎)

企業理念が立派でも
社員の心に落ちなければ意味がない
(セルディビジョン 岩谷真史)

顧客に安心を与えたい。
「灯火」「笑顔」「波紋」ロゴマークに込めた想い
(弓家田・富山事務所グループ 富山さつき)

社会に新たな価値を創出し続け
ITで世界を牽引する企業を目指す
(サインポスト 蒲原 寧)

「企業はヒトが命」
有言実行力を問う行動指針が自分自身を変え、会社を変える
(ブレイバンステクノロジーズ 山田和則)

「謙虚に、誠実に」の精神を軸にプロフェッショナルを目指す
(JPリサーチ&コンサルティング 古野啓介)

カルチャーブランディングでつくる「月曜の朝がいちばん楽しい」会社
(イマジナ 奥山由実子)

目次を見る 買い物カゴに入れる

■返品・解約について