人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷――人間と機械の関係を決める転換点

ジョン・マルコフ(著)、瀧口範子 訳

4-6
452ページ
 
価格 2,376円(税込み)
ISBN 978-4-8222-5141-3
発行元 日経BP社
発行日 2016/06/21

人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷――人間と機械の関係を決める転換点

内容紹介

この10年、グーグルが自動運転車を開発し、ロボット会社を何社も買収した。
アップルはパーソナル・アシスタントのSiriを発表した。
そして今、人工知能やロボットが人間のビジネス、教育、ヘルスケア分野に導入されつつある。
人工知能は、人間の仕事を奪う敵になるのか、それとも人間の能力を「拡張」する味方になるのか――

グーグルのロボット会社買収や自動運転車の開発など
数々のスクープを飛ばし、プロジェクトでピュリッツァー賞も受賞した
ニューヨーク・タイムズ紙のベテラン記者が解説する!

グーグルは自動運転車で何を狙うのか?
東大出身のロボット会社「シャフト」や軍事ロボットを開発したボストン・ダイナミクスを買収して、どこに向かうのか?
ジョブズのラスト・シングス、Siriは人間を拡張し続けるのか?
AIはこれまで何度も、興隆期と停滞期を経験したが、現在のAIブームは本物なのか?

AIの過去、現在、未来を徹底的に分析する。

買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について