帝国の参謀

アンドリュー・クレピネヴィッチ (著), バリー・ワッツ (著), 北川知子  訳

4-6
504ページ
 
価格 3,024円(税込み)
ISBN 978-4-8222-5149-9
発行元 日経BP社
発行日 2016/04/19

帝国の参謀

 アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦略

内容紹介

「軍務に就いたことは一度もないのだが、マーシャルはまさに『冷戦の戦士』だった。戦略家として、国防に携わる政府高官の助言者としてのキャリアは、米ソが対立した冷戦時代から中国の台頭、イスラム過激派の出現にいたる長期に及ぶ。 2015年に公職を退いたときには、冷戦を経験した世代の最後の1人だった。」(日本語版への序文) アンドリュー・マーシャルは「ペンタゴン(米国防総省)のヨーダ」と呼ばれた稀代の戦略家。ペンタゴンの総合評価室 (ONA)を率いて、40年以上にわたって対ソ戦略から今日の対アジア、対中戦略をデザインしてきた。マーシャルの 軌跡を通して米国の世界戦略の変遷を描いた。

買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について