知財戦略のススメ

鮫島 正洋,小林 誠 著

A5
248ページ
 
価格 2,592円(税込み)
ISBN 978-4-8222-9580-6
発行元 日経BP社
発行日 2016/02/09

知財戦略のススメ

 コモディティ化する時代に競争優位を築く

内容紹介

「ビジネスに知財戦略」という武器を必要とする、全ての方に贈る本。

大人気小説・ドラマ『下町ロケット』に登場する神谷弁護士のモデルとなった「技術系弁護士」と、
知財業界の将来を担う新進気鋭の「知財会計コンサルタント」が、
ビジネスパーソンのために、最新事例を豊富に取り入れながら、
知財のセオリー・活用法をわかりやすく解説します。

------------「はじめに」から抜粋
知財は企業にとって経営資産であると同時に、
知財を昇華させた特許権や著作権といった権利は、
法によって作られた人工物でもある。
「法律の深い理解なくして、事業戦略に組み込むことは
できないのではないか」という知財、知財権に対する堅いイメージが、
多くのビジネスパーソンがそれを願ってきたにもかかわらず、
知財を付加価値として製品に組み込み、これを競争力の源泉と
することを阻害してきた。

本書はそのような「知財の壁」を取り払い、
より一層、知財をビジネスに活用していただくことを旨として企画された、
いわばビジネスパーソンのための知財戦略読本である。


目次
●第1章:技術のコモディティ化と知財・事業戦略
技術と知財で勝る日本が、世界でなぜ勝てないのか

●第2章:オープン&クローズの戦略論
トヨタは燃料電池車関連特許をなぜ無償開放したのか

●第3章:特許の権利行使と知財ファンド
知財を武器に暗躍するパテントトロールの脅威

●第4章:知財の取引と新たな紛争
破産したコダックは知財を売って未来の礎を得た

●第5章:事業と知財の一体化
知財をかき集めるグーグルの思惑を読み解く

●第6章:特許のコストとリターン
青色LEDが示す「必須特許なくして市場参入なし」

●第7章:グローバル特許の取得と訴訟戦略
国際出願と訴訟の備えは、要所を抑えて賢く対応

●第8章:グローバル知財管理とタックス戦略
知財はどこでどのように保有・管理するのが最適か

目次を見る 買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について

おすすめ商品

書籍&ムック

中村修二劇場

中村修二劇場

発行日:2014/11/18

価格:1,728円(税込み)

買い物カゴに入れる