目 次

LED2008 -- 技術と応用の新展開 --

■Chapter 1■  LEDの新展開

・フィリップス・ルミレッズの最新LEDとそれを可能にする最先端技術
  --- 山田 範秀   米Philips Lumileds Lighting Co.  Vice President for Japan Region  
・一般照明に向けた高輝度・高効率な白色LED
  --- Glenn-Yves Plaine   ドイツOSRAM Opto Semiconductors GmbH  Application Engineer  
・高光束・高演色白色LED照明デバイスの実装と国際動向
  --- 田口 常正   山口大学大学院  理工学研究科 教授  
・総合効率50lm/Wを実現したLED照明器具
  --- 佐藤 光治   東芝ライテック  電材事業部 商品統括部 商品企画部 部長  
・独自の光学技術を駆使した白色LEDの現状と将来展望
  --- 豊玉 英樹   スタンレー電気  執行役員 研究・開発担当 知的財産担当  
・照明用LEDにおける高出力/高効率パッケージの現状と将来展望
  --- 天野 治樹   シチズン電子  営業部 マーケティング課 第ニグループリーダー  
・パワーLED用放熱基板の技術動向および今後の展開
  --- 米村 直己   電気化学工業  電子材料事業本部 電子部材事業部 開発営業担当課長  
・大出力LEDの量産と歩留まり向上を目指すMOCVD装置
  --- 松本 功   大陽日酸  電子機材事業本部 事業戦略推進部 主幹研究員  
・高輝度LED向けシリコーン材料の高信頼性化
  --- 壁田 桂次   モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ  RTVビジネス LEDプログラムマネージャー
・高出力用途向けLEDの放熱材料や部材の動向
  --- 前田 昌克   トクヤマ  機能材料部門 機能材料開発グループ 主席  

■Chapter 2■  最新技術・応用動向
 
 【Chapter 2-1 / 照明】
    ケータイから大型液晶パネルへ,牽引役が代わる白色LED市場  
    交流直結で駆動する,照明向け白色LED --- 電源での電力損失を回避
    未来は吉か凶か,正念場を迎えた白色LED市場  
    蛍光灯に追い付く白色LED,大電力化が次なるカベに
    高出力LEDでも100lm/W,2007年に続々市場へ  
    150lm/Wの白色LED登場,最高発光効率の光源に  
  発光効率は蛍光灯を間もなく凌駕,使い勝手の良い品種が続々登場    
 
 【Chapter 2-2 / ディスプレイ】
    LEDでプロジェクタが変わる --- レーザ光源の検討も進む 
    レーザ光源がリアプロの概念を変える,色再現範囲の拡大と薄型化を実現  
    レーザー光源でテレビが変わる,画素型リアプロの試作機が続出  
    早くて安いバックライト,開発期間がたったの2日に  
    ソニーの赤色半導体レーザ,リアプロ展開を目指す  
    持ち運ぶプロジェクタ,LED光源で実現 --- 東芝とSamsung社が先陣を切る
    世界初のLEDヘッドランプ,発熱や劣化との闘い制し実現へ  
    小型プロジェクタの製品化で一番乗りを目指す  

 【Chapter 2-3 / 新用途】
  ビタミンCを増やすLED搭載冷蔵庫

 【Chapter 2-4 / 新技術】
  緑色LEDの発光効率を高める,GaN結晶の成長面を変えて挑戦  
    波長210nmの紫外LED ,「絶縁体」のAlNで実現  
    Si基板使いながら高出力化,まずは青色LEDを開発  
  日亜化学が「404特許」を放棄した理由,費用対効果で不要な特許は処分  
  白色LED市場の寡占化に歯止め,“青色特許”不要の新技術で挑む  
    白色LED発光効率100lm/Wの決め手,フリップチップ実装の歩留まり改善