目 次

世界自動運転・コネクテッドカー開発総覧

――イノベーティブな先端企業55社の調査データ、自動運転社会の全体像、産業構造/ビジネスモデル/競争・協調領域を徹底分析

◆エグゼクティブサマリー
 
◆第一部 分析編
1−1 自動運転/コネクテッドカー開発の目的
1−2 自動運転開発のシナリオ
1−3 コネクテッドカーが作る価値
1−4 協調領域と競争領域
 自動車設計・組み立て/自動車部品/自動運転ソフト/
 センサー・画像処理/半導体/地図/位置情報/
 通信/AI/クラウド
1−5 自動運転/コネクテッドカー開発で生まれる新市場
 MaaS(Mobolity as a Service)/運輸/交通機関/金融/
 損害保険/車両管理/自治体/小売り/警備/サイバーセキュリティ/
 通信キャリア/駐車場/車両メンテナンス

◆第二部 データ編
2−1 自動車メーカー
 Audi/BMW/Daimler/トヨタ自動車/日産自動車・Renault/本田技研工業 ほか
2−2 都市型自動運転バス開発ベンダー
 Easymile/Local Motors/NAVYA/Next Future Transportation
2−3 自動車部品サプライヤー
 Adient/Autoliv/Continental/アイシン精機/デンソー ほか
2−4 システム開発ベンダー
 AImotive/Baidu/Drive.AI/Einride/IBM/Microsoft ほか
2−5 半導体ベンダー
 Autotalks/Intel/NVIDIA/Qualcomm・NXP/
 Samsung Electronics・Harman International/ルネサス エレクトロニクス
2−6 センサーベンダー
 Innoviz Technologies/Quanerg Systems/Velodyne LiDAR/パイオニア
2−7 地図・位置情報事業者
 HERE Technologies/TomTom
2−8 オンデマンド配車事業者
 Lyft/MaaS Global/Uber Technologies/ディー・エヌ・エー