日経BP社の書籍・目次など詳細
「ソフトウェア要求 - 顧客が望むシステムとは -」の主な内容

第 1 部	ソフトウェア要求:だれが、何を、何のためにするのか
第 1 章	ソフトウェア要求とは
1.1	ソフトウェア要求の定義
1.1.1	要求のいろいろな解釈
1.1.2	要求のレベル
1.1.3	要求ではないもの
1.2	要求開発と要求管理
1.2.1	要求開発
1.2.2	要求管理
1.3	あらゆるプロジェクトに要求がある
1.4	悪い要求が、善良な人々に降りかかる時
1.4.1	ユーザーの関与不足
1.4.2	ユーザー要求のクリープ
1.4.3	あいまいな要求
1.4.4	金メッキ
1.4.5	少なすぎる仕様
1.4.6	ユーザークラスの見落とし
1.4.7	不正確な計画
1.5	高品質の要求プロセスの恩恵
1.6	優れた要求の特性
1.6.1	要求記述の特性
1.6.2	要求仕様の特性
第 2 章	顧客の観点から見た要求
2.1	顧客はだれ?
2.2	顧客と開発者のパートナーシップ
2.2.1	ソフトウェア顧客の要求に関する権利宣言
2.2.2	ソフトウェア顧客の要求に関する責任宣言
2.3	サインオフについて
第 3 章	要求工学の良いプラクティス
3.1	知 識
3.2	要求引き出し
3.3	要求分析
3.4	要求仕様作成
3.5	要求の妥当性確認
3.6	要求管理
3.7	プロジェクト管理
3.8	新しいプラクティスを始める
3.9	要求開発プロセス
第 4 章	要求アナリスト
4.1	要求アナリストの役割
4.1.1	要求アナリストの仕事
4.1.2	要求アナリストに不可欠なスキル
4.1.3	要求アナリストに不可欠な知識
4.2	要求アナリストを育てる
4.2.1	元ユーザー
4.2.2	元開発者
4.2.3	対象エキスパート
4.3	協力環境を作る
第 2 部	ソフトウェア要求開発
第 5 章	製品ビジョンとプロジェクトスコープを規定する
5.1	業務要求を通してビジョンを定義する
5.1.1	矛盾する業務要求
5.1.2	業務要求とユースケース
5.2	ビジョン/スコープ記述書
5.3	コンテキスト図
5.4	スコープを保つ
第 6 章	顧客の意見を見つける
6.1	要求の発生源
6.2	ユーザークラス
6.3	ユーザー代表者を見つける
6.4	製品チャンピオン
6.4.1	外部の製品チャンピオン
6.4.2	製品チャンピオンへの期待
6.4.3	複数の製品チャンピオン
6.4.4	製品チャンピオンを提案する
6.4.5	製品チャンピオンの落とし穴
6.5	だれが決定を下すのか
第 7 章	顧客の声を聞く
7.1	要求引き出し
7.2	要求引き出しワークショップ
7.3	顧客の情報を分類する
7.4	要求引き出しに関するいくつかの注意
7.5	抜けている要求を見つける
7.6	終わりをどうやって知るのか
第 8 章	ユーザー要求を理解する
8.1	ユースケース法
8.1.1	ユースケースと使用シナリオ
8.1.2	ユースケースを識別する
8.1.3	ユースケースを文書化する
8.1.4	ユースケースと機能要求
8.1.5	ユースケースの利点
8.1.6	ユースケースの罠を避ける
8.2	イベント応答表
第 9 章	ルールに従って行動する
9.1	業務ルール
9.1.1	事実
9.1.2	制約
9.1.3	アクションイネーブラ
9.1.4	推論
9.1.5	計算
9.2	業務ルールを文書化する
9.3	業務ルールと要求
第 10 章	要求を文書化する
10.1	ソフトウェア要求仕様書
10.1.1	要求にラベルを付ける
10.1.2	不完全さの取扱い
10.1.3	ユーザーインターフェイスとSRS
10.2	ソフトウェア要求仕様書テンプレート
10.3	要求を書くための指針
10.4	要求の例、改善前と改善後
10.5	データディクショナリ
第 11 章	1枚の絵は1024の単語に値する
11.1	要求をモデル化する
11.2	顧客の声から分析モデルへ
11.3	データフローダイアグラム
11.4	エンティティリレーションシップ図
11.5	状態遷移図
11.6	ダイアログマップ
11.7	クラス図
11.8	デシジョンテーブルとデシジョンツリー
11.9	最後にひと言
第 12 章	機能を超えるもの:ソフトウェア品質属性
12.1	品質属性
12.2	品質属性を定義する
12.2.1	ユーザーにとって重要な属性
12.2.2	開発者にとって重要な属性
12.3	性能要求
12.4	Planguageを用いた非機能要求の定義
12.5	属性のトレードオフ
12.6	非機能要求の実装
第 13 章	プロトタイプを使ったリスク低減
13.1	プロトタイプ:何を、なぜ作るのか
13.2	水平プロトタイプ
13.3	垂直プロトタイプ
13.4	使い捨て型プロトタイプ
13.5	進化型プロトタイプ
13.6	紙プロトタイプと電子的プロトタイプ
13.7	プロトタイプの評価
13.8	プロトタイプのリスク
13.9	プロトタイプの成功要因
第 14 章	要求に優先順位を付ける
14.1	なぜ要求に優先順位を付けるのか
14.2	優先順位をめぐって人々が演じるゲーム
14.3	優先順位付けの尺度
14.4	価値と費用とリスクに基づく優先順位付け
第 15 章	要求の妥当性を確認する
15.1	要求をレビューする
15.1.1	インスペクションプロセス
15.1.2	要求レビューの課題
15.2	要求をテストする
15.3	受け入れ基準を定義する
第 16 章	特殊な要求開発の課題
16.1	保守プロジェクトの要求
16.1.1	情報を捕らえ始める
16.1.2	新しい要求技法を練習する
16.1.3	追跡チェインを追う
16.1.4	文書を更新する
16.2	パッケージソリューションの要求
16.2.1	ユースケースを開発する
16.2.2	業務ルールを検討する
16.2.3	品質要求を定義する
16.3	外注プロジェクトの要求
16.4	緊急プロジェクトの要求
16.4.1	略式のユーザー要求仕様
16.4.2	オンサイト顧客
16.4.3	早期で頻繁な優先順位付け
16.4.4	簡単な変更管理
第 17 章	要求開発に続くもの
17.1	要求からプロジェクト計画へ
17.1.1	要求と見積もり
17.1.2	要求とスケジュール
17.2	要求から設計とコーディングへ
17.3	要求からテストへ
17.4	要求から成功へ
第 3 部	ソフトウェア要求管理
第 18 章	要求管理の原則とプラクティス
18.1	要求ベースライン
18.2	要求管理手順
18.3	要求バージョン管理
18.4	要求属性
18.5	要求ステータスの追跡記録
18.6	要求管理の工数を測定する
第 19 章	変更発生
19.1	スコープクリープを管理する
19.2	変更管理プロセス
19.2.1	変更管理ポリシー
19.2.2	変更管理プロセス記述
19.3	変更管理委員会
19.3.1	CCBの構成
19.3.2	CCB憲章
19.4	変更管理ツール
19.5	変更アクティビティの測定
19.6	変更は無料ではない:影響分析
19.6.1	影響分析の手順
19.6.2	影響分析報告書のテンプレート
第 20 章	要求連鎖のつながり
20.1	要求を追跡する
20.2	要求追跡の動機
20.3	要求追跡マトリックス
20.4	要求追跡ツール
20.5	要求追跡手順
20.6	要求追跡は実現可能か、そして必要か
第 4 部	要求工学の実行
第 21 章	要求プロセスを改善する
21.1	要求と他のプロジェクトプロセスとの関連
21.2	要求とさまざまなステークホルダーグループ
21.3	ソフトウェアプロセス改善の4原則
21.4	プロセス改善サイクル
21.4.1	最新のプラクティスを評価する
21.4.2	改善行動を計画する
21.4.3	新しいプロセスを作り、試行し、実行する
21.4.4	結果を評価する
21.5	要求工学のプロセス資産
21.5.1	要求開発のプロセス資産
21.5.2	要求管理のプロセス資産
21.6	要求プロセス改善のロードマップ
第 22 章	ソフトウェア要求とリスク管理
22.1	ソフトウェアリスク管理の原則
22.1.1	リスク管理の要素
22.1.2	プロジェクトリスクを文書化する
22.1.3	リスク管理計画
22.2	要求関連のリスク
22.2.1	要求引き出し
22.2.2	要求分析
22.2.3	要求仕様作成
22.2.4	要求の妥当性確認
22.2.5	要求管理
22.3	リスク管理は友達
用語集	
参考文献	
索引		

Copyright(c) Copyright(c) 2003 by Nikkei BP Soft Press, Inc. All Rights Reserved.
E-mail:msp@nikkeibp.co.jp