目 次

Windows Server 2012テクノロジ入門

第1章 製品概要 
1.1 Windows の歴史 
1.1.1 企業向けデスクトップOS の変遷 
1.1.2 サーバーOS の変遷 
1.1.3 仮想化テクノロジの進化 
1.2 Windows Server 2012およびWindows 8 の製品概要 
1.2.1 Windows Server 2012 の製品概要 
1.2.2 Windows 8 Enterprise の製品概要 
1.3 共通のテクノロジ 
1.3.1 最新のハードウェアや標準規格への対応 
1.3.2 新しいUI(開発コード名:Metro Style UI) 
1.3.3 多言語対応の強化 
1.3.4 .NET Framework 4.5 
1.3.5 Windows PowerShell 3.0 
1.3.6 ReFS 
1.3.7 SMB 3.0 
1.3.8 RDP 8.0 
1.3.9 Hyper-V 
1.4 新しいWindows の基本操作を学ぶ 
1.4.1 [スタート]画面とデスクトップ 
1.4.2 デスクトップアプリやツールの検索 
1.4.3 管理者として実行 
1.4.4 コントロールパネルと管理ツールへのアクセス 
1.4.5 クイックアクセスメニュー 
1.4.6 エクスプローラーの表示オプション 
1.4.7 仮想ハードディスクとISO イメージのマウント操作 
1.4.8 ログオフとシャットダウン操作 
1.4.9 起動オプションの変更 
1.5 まとめ 

第2章 インストールと構成 
2.1 変更点と強化点 
2.2 Windows Server 2012 のインストール 
2.2.1 新規インストール[基本]
2.2.2 アップグレードインストール[基本]
2.2.3 VHD ブート環境への新規インストール[応用]
2.2.4 SAN ブート環境への新規インストール[応用]
2.3 Windows Server 2012 の管理ツールと初期構成 
2.3.1 サーバーマネージャーによる初期構成[基本]
2.3.2 Server Core による初期構成[基本]
2.3.3 サーバーマネージャーによる複数サーバーの統合管理[基本]
2.3.4 Windows 8 用のリモートサーバー管理ツール(RSAT)[基本]
2.3.5 Windows PowerShell による管理[基本]
2.3.6 Windows PowerShell Web Access[応用]
2.4 Windows Server 2012 の役割と機能の管理 
2.4.1 サーバーマネージャーの使用[基本]
2.4.2 仮想ハードディスクのオフラインメンテナンス[基本]
2.4.3 インストールオプションとオンデマンド機能[基本]
2.4.4 DISM の使用[応用]
2.4.5 Windows PowerShell の使用[応用]
2.5 Windows 8 のインストールと構成 
2.5.1 新規インストール[基本]
2.5.2 アップグレードインストール[基本]
2.5.3 アプリケーションの互換性[応用]
2.5.4 Windows To Go メディアの作成[応用]
2.6 オペレーティングシステムのイメージ展開 
2.6.1 Sysprepによるイメージの一般化と応答ファイルによる自動化[基本]
2.6.2 Deployment Tools を使用したイメージの準備[応用]
2.6.3 Windows 展開サービスによる自動展開[応用]
2.7 まとめ 

第3章 Active Directory の構成と管理 
3.1 変更点と強化点 
3.2 Active Directory ドメインサービスの構成と管理 
3.2.1 新規フォレスト/ドメインのインストール[基本]
3.2.2 ドメインコントローラーの追加[基本]
3.2.3 ドメインコントローラーの降格[基本]
3.2.4 既存フォレスト/ドメインのローリングアップグレード[基本]
3.2.5 サーバーおよびクライアントのドメインへの参加設定[基本]
3.2.6 ドメインコントローラーの仮想化[応用]
3.2.7 Active Directory の管理ツール[基本]
3.2.8 グループの管理されたサービスアカウント[応用]
3.3 グループポリシーの構成と管理 
3.3.1 グループポリシーのポリシー管理[基本]
3.3.2 グループポリシーの基本設定[基本]
3.3.3 セキュリティフィルターとWMI フィルター[応用]
3.3.4 Windows 8 のポリシー管理[応用]
3.4 Active Directory 証明書サービスの構成と管理 
3.4.1 エンタープライズPKI の導入[基本]
3.4.2 証明書テンプレートの管理[基本]
3.4.3 新しい証明書の要求と取得[基本]
3.4.4 CRL の公開[応用]
3.5 まとめ 

第4章 ネットワークインフラストラクチャの構成と管理 
4.1 変更点と強化点 
4.2 DNS サーバー 
4.2.1 標準モードのDNS サーバー[基本]
4.2.2 Active Directory統合モードのDNS サーバー[基本]
4.2.3 条件付きフォワーダー[応用]
4.2.4 DNSSEC の構成[応用]
4.3 DHCP サーバー 
4.3.1 DHCP サーバーのインストールと構成[基本]
4.3.2 DHCP サーバーの冗長化と負荷分散[応用]
4.3.3 ポリシーベースのクライアント構成[応用]
4.3.4 MAC アドレスフィルター[応用]
4.4 IP アドレス管理(IPAM)サーバー 
4.4.1 IPAM の仕様と要件[基本]
4.4.2 IPAM サーバーのインストールと構成[基本]
4.4.3 IPAM による管理の概要[基本]
4.5 Windows Server Update Services(WSUS)サーバー 
4.5.1 WSUS サーバーのインストールと構成[基本]
4.5.2 WSUS クライアントの構成[基本]
4.6 まとめ 

第5章 ファイルサービスの構成と管理 
5.1 変更点と強化点 
5.2 ディスクとボリュームの管理 
5.2.1 物理ディスクとボリュームの管理[基本]
5.2.2 記憶域プールと仮想ディスクの管理[基本]
5.2.3 データ重複除去の構成[応用]
5.3 共有フォルダーの管理 
5.3.1 共有フォルダーの作成[基本]
5.3.2 ファイルサーバーのリソース管理[応用]
5.3.3 スケールアウトファイルサーバー[応用]
5.4 iSCSI ターゲットサーバーの管理 
5.4.1 iSCSI ターゲットサーバーの概要[基本]
5.4.2 iSCSI ターゲットサーバーの構成[基本]
5.4.3 iSCSI イニシエーターからの接続[基本]
5.4.4 差分ディスクのサポート[応用]
5.5 Active Directory Rights Management サービスのソリューション 
5.5.1 AD RMS の概要[基本]
5.5.2 AD RMS サーバーの展開[基本]
5.5.3 権利ポリシーテンプレートの作成と展開[基本]
5.5.4 ファイル管理タスクによるAD RMS 保護の適用[応用]
5.6 ダイナミックアクセス制御のソリューション 
5.6.1 ダイナミックアクセス制御の概要[基本]
5.6.2 集約型アクセスポリシーの作成と展開[基本]
5.6.3 ダイナミックアクセス制御とFCI[応用]
5.7 まとめ 

第6章 Hyper-V の構成と管理 
6.1 変更点と強化点 
6.2 Hyper-V の概要とインストール 
6.2.1 Hyper-V のアーキテクチャ[基本]
6.2.2 Hyper-V の種類とスケーラビリティ[基本]
6.2.3 サポートされるゲストOS[基本]
6.2.4 Hyper-V ホストのシステム要件[基本]
6.2.5 Hyper-V の役割のインストール[基本]
6.2.6 Windows 8 Hyper-V[基本]
6.3 Hyper-V の管理 
6.3.1 Hyper-V マネージャーによる管理[基本]
6.3.2 Windows PowerShell による管理[応用]
6.3.3 WMI プロバイダーによる管理[応用]
6.3.4 Hyper-V 全体のパフォーマンスの監視[基本]
6.3.5 System Center 2012 による管理[応用]
6.4 仮想マシンの作成 
6.4.1 仮想マシンの新規作成[基本]
6.4.2 仮想マシンのハードウェア構成の編集[基本]
6.4.3 仮想マシンのオプション構成[応用]
6.5 ゲストOS のインストール 
6.5.1 Windows Server 2012およびWindows 8 ゲスト[基本]
6.5.2 以前のバージョンのWindows ゲスト[基本]
6.5.3 Linux ゲスト[応用]
6.6 仮想マシンと仮想ハードディスクの管理 
6.6.1 スナップショットの管理[基本]
6.6.2 仮想マシンのエクスポートとインポート[基本]
6.6.3 仮想ハードディスクの管理[基本]
6.6.4 仮想マシンのテンプレート化[応用]
6.6.5 Hyper-V と仮想マシンのバックアップ[応用]
6.7 ライブマイグレーション 
6.7.1 ライブマイグレーションの有効化[基本]
6.7.2 ストレージのライブマイグレーション[基本]
6.7.3 仮想マシンのライブマイグレーション[基本]
6.7.4 認証プロトコル(Kerberos)の構成[応用]
6.8 Hyper-V レプリカ 
6.8.1 Hyper-V レプリカの概要[基本]
6.8.2 レプリカサーバーの準備[基本]
6.8.3 レプリケーションの構成[基本]
6.8.4 フェールオーバーの実行[基本]
6.8.5 Hyper-V レプリカブローカー[応用]
6.9 Hyper-V の高可用性 
6.9.1 NIC チーミングのサポート[基本]
6.9.2 Hyper-V ホストクラスター[基本]
6.9.3 Hyper-V ゲストクラスター[応用]
6.9.4 Hyper-V ゲストによるNLB クラスター[応用]
6.10 クラウド基盤としてのその他の機能 
6.10.1 Hyper-V 拡張可能仮想スイッチ[応用]
6.10.2 Hyper-V ネットワーク仮想化[応用]
6.10.3 リソースメータリング[応用]
6.11 まとめ 

第7章 リモートデスクトップサービスの構成と管理 
7.1 変更点と強化点 
7.2 リモートデスクトップサービスのコンポーネント 
7.2.1 リモートデスクトップサービスの役割サービス[基本]
7.2.2 リモートデスクトップ接続クライアント[基本]
7.2.3 リモートデスクトップサービスに必要なライセンス[基本]
7.3 仮想マシンベースのデスクトップ展開 
7.3.1 役割サービスのインストール[基本]
7.3.2 展開プロパティの編集[基本]
7.3.3 仮想デスクトップコレクションの種類[基本]
7.3.4 仮想デスクトップのテンプレート(ゴールドイメージ)の準備[基本]
7.3.5 プールされた仮想デスクトップコレクション[基本]
7.3.6 個人用仮想デスクトップコレクション[基本]
7.3.7 管理されていない仮想デスクトップコレクション[応用]
7.3.8 仮想デスクトップの更新[応用]
7.3.9 RemoteFX 3D ビデオアダプターの構成[応用]
7.4 セッションベースのデスクトップ展開 
7.4.1 役割サービスのインストール[基本]
7.4.2 セッションコレクションの作成[基本]
7.5 RemoteApp プログラム 
7.5.1 セッションコレクションのRemoteApp[基本]
7.5.2 仮想デスクトップコレクションのRemoteApp[応用]
7.6 RD ライセンス 
7.6.1 役割サービスのインストール[基本]
7.6.2 サーバーのアクティブ化とライセンスのインストール[基本]
7.6.3 RD ライセンスサーバーの指定[基本]
7.7 RD ゲートウェイ 
7.7.1 役割サービスのインストール[基本]
7.7.2 RD ゲートウェイによるセキュリティ強化[応用]
7.8 その他のクライアント構成 
7.8.1 RD Web アクセスのカスタマイズ[応用]
7.8.2 Web フィードの公開と構成[応用]
7.8.3 RemoteFX USB デバイスリダイレクトの使用[応用]
7.9 まとめ 

第8章 暗号化セキュリティとネットワーク保護の構成と管理 
8.1 変更点と新機能 
8.2 BitLocker ドライブ暗号化 
8.2.1 OS ドライブの暗号化[基本]
8.2.2 データドライブの暗号化[基本]
8.2.3 リムーバブルドライブの暗号化 - BitLocker To Go[基本]
8.2.4 クラスターの共有ボリュームの暗号化[応用]
8.2.5 Active Directory を利用したキーの管理と回復[応用]
8.2.6 BitLocker ネットワークロック解除[応用]
8.3 TPM 仮想スマートカード 
8.3.1 TPM 仮想スマートカードの作成と削除[基本]
8.3.2 TPM 仮想スマートカードの使用[基本]
8.4 DirectAccess 
8.4.1 DirectAccessとVPN の違い[基本]
8.4.2 DirectAccess サーバーのインストールと構成[基本]
8.4.3 DirectAccess の展開のカスタマイズ[応用]
8.4.4 DirectAccess のテストと監視[基本]
8.5 ネットワークアクセス保護(NAP) 
8.5.1 NAP の概要[基本]
8.5.2 ネットワークポリシーサーバーのインストールと構成[基本]
8.5.3 NAP クライアントの構成と動作[基本]
8.6 まとめ 

第9章 その他の役割と機能 — 高可用性、バックアップ、IIS 8.0 
9.1 フェールオーバークラスタリング 
9.1.1 フェールオーバークラスターの概要[基本]
9.1.2 フェールオーバークラスターの作成[基本]
9.1.3 クラスターの共有ボリューム(CSV)[基本]
9.1.4 クラスター対応更新[応用]
9.2 ネットワーク負荷分散(NLB) 
9.3 Windows Server バックアップ 
9.3.1 ローカルバックアップ[基本]
9.3.2 オンラインバックアップ[応用]
9.4 IIS 8.0 
9.4.1 Web Platform Installer(Web PI)との統合[基本]
9.4.2 マルチテナント、マルチサーバー対応のSSL 証明書管理[応用]
9.4.3 新しいセキュリティ強化機能[応用]
9.4.4 アプリケーションサーバーとしての機能強化[応用]
9.5 まとめ 

索引 
あとがき 

付録
※付録はWebサイトからのダウンロードで提供しております
 入手方法は「本書について」の「付録のダウンロード」をご参照ください

付録A Windows Server 2012 の役割と機能の一覧 
A.1 Windows Server 2012 の役割 
A.2 Windows Server 2012 の機能 

付録B 無人応答ファイルのサンプル 
Windows 8用Unattend.xml 
Windows 7用Unattend.xml 
Windows Server 2012用Unattend.xml 
Windows Server 2008 R2用Unattend.xml 
WIMイメージ展開用のWindows PE用Unattend.xml 
VHD イメージ展開用のWindows PE用Unattend.xml