日経BPソフトプレスOnLine

「マイクロソフト公式解説書」「Autodesk公式トレーニングガイド」「SAPプレス」日経BPテキスト」の各シリーズ、および日経BPソフトプレス発行の出版物をご案内するサイトです。

MOS 2013の模擬テストプログラムをOffice 2013以外で使う場合の注意点

2019年7月29日更新

注意:本ページは、『MOS攻略問題集 2013』シリーズに付属する、MOS2013試験対策用模擬テストプログラムをOffice 2016、Office 2019もしくはOffice 365でご利用いただくための情報をご提供するものです。このページでご案内するアップデータを適用しても、MOS2016試験や、それ以降のMOS試験対策にはなりません。


1.Office 2013以外の環境で使う場合の制約

『MOS攻略問題集2013』シリーズに付属する模擬テストプログラムは、公式にはOffice 2013をインストールしたパソコンでの動作を保証しております。このため、Office 2013以外の動作は保証しておりません。しかしながら、Office 2016およびOffice 2019、Office 365の環境であれば模擬テストプログラムが動作することは確認しております。

ただしその場合、

  • 正解として紹介した手順通りに操作しても正解と判定されない
  • 画面構成が異なる(メニューやボタンの位置、名称など)
  • 正解となる手順での操作ができない(そもそもOfficeに当該機能がないなど)

などの現象が起きる可能性があります。上記の点にご留意いただければ、学習ができるものと考えております。

なお、操作が異なる問題があった場合は、誌面もしくは模擬テストプログラムで紹介している正解手順も必ず確認したうえで受験することをお勧めします。

2.模擬テストが「不明なエラー」により実行できない場合

付属する模擬テストプログラムを起動し、いずれかの模擬テストを選んで実行しようとすると、本番モード、練習モードの違いにかかわらず「不明なエラー」が発生した旨のメッセージを表示することがあります。このエラーは多くの場合、お使いのOfficeがストアアプリ版の場合に発生します。Officeにはストアアプリ版とデスクトップアプリ版の2種類があり、模擬テストを実行するにはデスクトップアプリ版が必要です。

お使いのOfficeがどちらの種類か確認する方法およびストアアプリ版をデスクトップアプリ版に入れ替える方法は、「2018年以降のパソコンで模擬テストがエラーになる場合の対策について」をご覧ください。

3.Office 2016、Office 2019、Office 365環境で模擬テストプログラムが起動しない場合

以下の書籍に付属する模擬テストプログラム(旧バージョン)は、Office 2016、 Office 2019もしくはOffice 365がインストールされた環境では起動しません(刷数は奥付でご確認ください)。

  • 『MOS攻略問題集 Word 2013[第2版]』 4刷まで(Ver.5.01.2004.17およびそれ以前)
  • 『MOS攻略問題集 Excel 2013[第2版]』 4刷まで(Ver.5.01.2004.17およびそれ以前)
  • 『MOS攻略問題集 PowerPoint 2013[第2版]』 2刷まで(Ver.5.01.2002.15)
  • 『MOS攻略問題集 Access 2013』 2刷まで(Ver.5.01.2002.15およびそれ以前)
  • 『MOS攻略問題集 Word 2013 エキスパート Part1+2』 2刷まで(Ver.5.01.2004.19およびそれ以前)
  • 『MOS攻略問題集 Excel 2013 エキスパート Part1+2』 3刷まで(Ver.5.01.2003.18)

上記のバージョンに該当する場合は模擬テストプログラムをインストール後に、本ページでご案内しているアップデータ(更新プログラム)を適用し、バージョンを更新してください。ただし、その場合でもOffice 2013以外の環境における動作および正解判定については保証いたしません。また、今後の各Officeの更新に必ず対応することをお約束するものではありません。

4.アップデータ(更新プログラム)のダウンロード

最新のアップデータは、MOS2013模擬テストプログラムのアップデータで提供しています。
くわしくはリンク先のページをご覧ください。


MOS攻略問題集のページへ

MOS攻略問題集2013のページへ