日経BP社

子どもたちにプログラミングを教えよう!~ITとイノベーションを支えるプログラミング教育セミナー~

2013年2013年8月20日(火)東京開催

 ICTを使ったイノベーションの実現を支えるのは、次世代を担う教育です。ICT利活用の促進に向けて幅広く情報を発信する一環として、「児童向けプログラミング教育に関するイベント(セミナーと展示)」を開催いたします。教育関係者および教育に関心の高い保護者の方々に向けて、最新の学びについて情報発信・共有いたします。

特徴

プログラム(予定

14時

14時5分
主催者挨拶
14時5分

15時10分
基調講演
Learn to code, code to learn
(プログラミングを学び、プログラミングで学ぶ)
~MITメディアラボが取り組む
最新のプログラミング教育と開発環境~
MITメディアラボ
ライフロング・キンダーガーデン・グループ
ミッチェル・レズニック教授
15時10分

15時35分
展示・ワークショップ見学(休憩)
15時35分

16時05分
協賛講演
「ワクワク感を学びに」
株式会社ベネッセコーポレーション
研究員
谷内 正裕氏
16時5分

16時35分
特別講演
デジタル時代の新しい学びの場をつくる
NPO法人CANVAS
理事長
石戸 奈々子氏
16時35分

16時50分
協賛講演
カードサイズパソコン『ラズベリーパイ』で誰でもプログラマ
アールエスコンポーネンツ株式会社
テクニカルマーケティング部
宮原 裕人氏
16時50分

17時
協賛講演
工場で活躍する本格マシーンをScratchで操縦体験!
THK株式会社
事業開発統括部
遠藤 嘉将氏
17時

17時20分
展示見学(休憩)
17時20分

18時
特別講演
すべての年齢の小学生のための
わくわくプログラミング

青山学院大学・津田塾大学非常勤講師
阿部 和広氏

※時間割等は変更する場合があります。

本セミナーは終了しました。

Scratchについて

『小学生からはじめるわくわくプログラミング』で取り上げている「Scratch(スクラッチ)」は、米MITメディアラボが開発した教育用ビジュアルプログラミング環境で、プログラミングの概念を体系的に学習することができます。
Scratch公式サイトへ

下記ではスクラッチの利用イメージを動画でご紹介します。

本セミナーは終了しました。

主催

NPO法人 CANVAS/日経BP社

日時

8月20日(火)14時~

会場

東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール地下2階
福武ラーニングシアター
(東京都文京区本郷7-3-1)

定員

150名

※先着順・満席となり次第締切となります。

受講料

1000円(税込)
当日お支払いください。

お問い合わせ

日経BP社読者サービスセンター
セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(代表)
(平日9:00~17:00)

7月29日発行の『小学生からはじめるわくわくプログラミング』について

プログラミング学習を通じて、自ら仕組みを考え、手を動かして、モノを作り上げる楽しさを体験してもらうための学習書です。子供用ビジュアルプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」なら、すぐに使えて、操作も簡単です。

このスクラッチは、米MITメディアラボがこれからの社会をより良く生きるために必要な力(考える力、つくる力、伝える力)を身につけることを目的に開発したプログラミングのためのソフトウエアで、無償で利用できます。楽しみながら、創造力、論理的思考力、問題解決力を育みましょう!

主な特徴

著者について

阿部 和広(あべかずひろ)
1987年より一貫してオブジェクト指向言語Smalltalkの研究開発に従事。2001年からパソコンの父として知られ、Smalltalkの開発者であるアラン・ケイ博士の指導を受ける。近年は子供向け講習会を多数開催。OLPC ($100 laptop) 計画にも参加。03年度IPA認定スーパークリエイタ。