立ち読み

Amazonへセブンネットショッピングへ

2万200社の膨大なデータの分析(※)により、市場平均・業界平均を最低でも10倍上回る業績を継続してきた「10X型企業」7社を発見。10X型企業の特徴を、同一業種の企業との対比で描く。
●アムジュン(バイオ医薬品)●バイオメット(人工関節など整形外科関連製品)●インテル●マイクロソフト●プログレッシブ保険(自動車保険)●サウスウエスト航空●ストライカー(整形外科関連製品)
この10X型企業を率いるのが、10X型指導者。
ビル・ゲイツ(マイクロソフト)、アンディー・グローブ、ゴードン・ムーア(インテル)、ハーブ・ケレハー(サウスウエスト航空)、デイン・ミラー(バイオメット)、ジョン・ブラウン(ストライカー)、ジョージ・ラスマン(アムジュン)。
この10X型指導者を象徴する歴史上の人物として、南極大陸を征服したアムンゼンを取り上げ、ほぼ同時に南極点を目指しながら失敗したスコットと対比している。
狂信的規律、実証的創造力、建設的パラノイアが10X型指導者の3点セットだ。

※12人の調査員が2万200社の調査対象企業の1980年12月末から2002年末までのデータを調べ、それを2002年から2011年までの9年間かけて結論を導いた。調査期間が2002年末までなので、「10X型企業」の7社にアップルは入っていないが、マイクロソフトの対比企業として分析させている。

目次
第一章 不確実性の時代に飛躍する
第二章 10X型指導者
第三章 二十マイル行進
第四章 銃撃に続いて大砲発射
第五章 死線を避けて指導する
第六章 具体的で整然とし、かつ一貫しているレシピ
第七章 運の利益率
エピローグ 自分の意志で偉大になる

>>TOPへ戻る

ビジョナリー・カンパニー3
衰退の五段階
最新作 2010年7月発売

立ち読み

Amazonへ セブンネットショッピングへ

「成功から生まれる傲慢」「規律なき拡大路線」「リスクと問題の否認」「一発逆転策の追及」「屈服と凡庸な企業への転落か消滅」――。
企業は、いつかは衰退する。それは偉大であった企業も例外ではない。前2作で言及された60社の大企業のなかから、「衰退の五段階」を歩んだヒューレット・パッカード(HP)、メルク、モトローラ、ラバーメイド、スコット・ペーパー、ゼニスなどの11社を取り上げ、現時点で衰退していない同業の比較対象企業と比較し、どこが岐路となったのかを分析した。

目次
第1章  静かに忍び寄る危機
第2章  衰退の五段階
第3章  第一段階 成功から生まれる傲慢
第4章  第ニ段階 規律なき拡大路線
第5章  第三段階 リスクと問題の否認
第6章  第四段階 一発逆転策の追及
第7章  第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
第8章  充分な根拠のある希望

>>TOPへ戻る

ビジョナリー・カンパニー2
飛躍の法則
2001年12月発売

立ち読み

Amazonへ セブンネットショッピングへ

良い企業は多いが、偉大な企業はきわめて少ない。株式の平均運用成績の観点から、大きな飛躍を経験し、以後15年間にわたってその実績を維持したジレットやフィリップモリスをはじめとする11社を偉大な企業として選び、各社をそれぞれの競合企業と比較する。一見すると地味なこれら11社が、GEやインテルを上回る実績を残した要因をリーダーシップ、人材戦略、企業文化等から分析し、良好な企業が偉大な企業へと変貌するために必要な条件を明らかにする。

目次
第1章  時代を超えた成功の法則―良好は偉大の敵
第2章  野心は会社のために―第五水準のリーダーシップ
第3章  だれをバスに乗せるか―最初に人を選び、その後に目標を選ぶ
第4章  最後にはかならず勝つ―厳しい現実を直視する
第5章  単純明快な戦略―針鼠の概念
第6章  人ではなく、システムを管理する―規律の文化
第7章  新技術にふりまわされない―促進剤としての技術
第8章  劇的な転換はゆっくり進む―弾み車と悪循環
第9章  ビジョナリー・カンパニーへの道

>>TOPへ戻る

ビジョナリー・カンパニー
時代を超える生存の原則
1995年9月発売

立ち読み

Amazonへ セブンネットショッピングへ

「時代を超え、際立った存在であり続ける企業(ビジョナリーカンパニー)」の源泉を解き明かした米国のロングセラー。徹底した調査とライバル企業との比較対象などから、これまでの経営神話(すばらしいアイデアの必要性、カリスマ的指導者の存在……)を次々と看破。時の試練に耐え変わることのない「基本理念」こそ、ビジョナリー・カンパニーに最も必要なものであると説く。

目次
第1章  最高のなかの最高
第2章  時を告げるのではなく、時計をつくる
第3章  利益を超えて
第4章  基本理念を維持し、進歩を促す
第5章  社運を賭けた大胆な目標
第6章  カルトのような文化
第7章  大量のものを試して、うまくいったものを残す
第8章  生え抜きの経営陣
第9章  決して満足しない
第10章  はじまりの終わり

>>TOPへ戻る

ビジョナリー・カンパニー 【特別編】
2006年6月発売

立ち読み

Amazonへ セブンネットショッピングへ

「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」で分析した「偉大な存在となった企業の条件」をSocial Sectorにまで広げて適用。その対象は、NASA、ニューヨーク市警、ボーイスカウト、ガールスカウト、大学、病院、赤十字、NPO、歌劇場からオーケストラに及ぶ。「偉大な組織」の条件となるのは、”discinpline”すなわち、規律と鍛錬と説く。「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」の補遺にあたる内容。

目次
偉大な組織への飛躍の法則と社会セクター
―企業経営の手法を取り入れても答えにならない理由
第1節  「偉大さ」の定義―経営指標が使えないなかで、偉大さを判断する
第2節  第五水準のリーダーシップ―分散型組織構造で成功を収める
第3節  最初に人を選ぶ―社会セクターの制約のなかで適切な人をバスに乗せる
第4節  針鼠の概念―利益動機のないなかで、経済的原動力を見直す
第5節  弾み車を回す―ブランドを構築して勢いをつける
全体的な状況が悪いなかで偉大な実績をあげる
良好な組織から偉大な組織への飛躍の法則―枠組みの要約

>>TOPへ戻る

未来を創るリーダーの必読書!
  • サイバーエージェント
    藤田 晋 社長

    発刊されるたび、何度も読み返す、「ビジョナリー・カンパニー」シリーズ。
    今回もたくさんの折り目がつきました!
  • リブセンス
    村上 太一 社長

    成功事例と失敗事例の差にフォーカスを当てた真の実用書。
    当社も命中精度を高めて全身全霊で“大砲”を発射したい!
  • 藤田晋の成長論
    藤田晋 著
    価格:本体1,400円+税
  • 藤田晋の成長論
  • 日経BP書店Amazon
    セブンネットショッピング楽天ブックス
    紀伊國屋書店
  • リブセンス<生きる意味>
    上阪徹 著
    価格:本体1,400円+税
  • リブセンス<生きる意味>
破天荒!
  • 日経BP書店
    セブンネットショッピング楽天ブックス
    紀伊國屋書店
  • 日経BP社の経営書ロングセラー
  • 『ディズニー7つの法則 新装版
  • ディズニー7つの法則 新装版
  • トム・コネラン 著
    仁平和夫 訳
    価格:本体1,400円+税
    日経BP社
  • ページをめくるたびにロングセラーの理由が納得できるはず。まるでディズニーランドで遊んでいるかの感動をプレゼントします。来園者を「ゲスト(賓客)」、従業員を「キャスト(出演者)」と呼び、驚異的なリピーター率を誇るディズニーのテーマパーク。お客を満足させるためにあらゆる努力を惜しまず、世界でもっとも尊敬される企業のランキングで常に上位を占める……。その秘密を、顧客満足分野の第一人者が解明。
  • 日経BP書店Amazon
    セブンネットショッピング楽天ブックス
    紀伊國屋書店
  • 『破天荒! サウスウエスト航空−驚愕の経営』
  • サウスウエスト航空-驚愕の経営
破天荒!
  • ケビン&
    ジャッキー・フライバーグ著
    小幡 照雄 訳
    価格:本体1,800円+税
    日経BP社
  • 低価格と徹底した顧客サービスを売り物に急成長した、サウスウエスト航空の強さを解き明かす。同社は、定時運行・貨物の扱い・安全性などの顧客サービスが評価されると同時に、型破りの企業文化でも注目されている。矛盾しているように見えるこうした特徴が、明確な基本理念とそれを実現するためのリーダーシップによって必然的に導き出されたものであることを、豊富なエピソードで描いている。
  • 日経BP書店
    セブンネットショッピング楽天ブックス
    紀伊國屋書店
  • 『小倉昌男 経営学』
  • 小倉昌男 経営学
  • 小倉昌男 著
    価格:本体1,400円+税
    日経BP社
  • 「クロネコヤマトの宅急便」の生みの親、戦後40年間でヤマト運輸を日本屈指のエクセレント・カンパニーに押し上げた希代の経営者、小倉昌男。市場を見通す洞察力と論理的な経営手法、規制行政に単身で闘いを挑む行動力、そして引退後みずからの持ち株を寄付して福祉財団を設立し、障害者の社会復帰に無報酬で取り組む引き際のよさ。政財界からジャーナリズムにいたるまで数多くの支持者がいる彼が自ら筆を執り、書き下ろした著作である。
  • 日経BP書店
    セブンネットショッピング楽天ブックス
    紀伊國屋書店