日経BP社 ブックス&テキスト Online

「マイクロソフト関連書」「Autodesk公式トレーニングガイド」「MOS攻略問題集」「セミナーテキスト」「スクール標準教科書」などの各シリーズ、各種IT関連書籍をご案内するサイトです。

書籍訂正情報

『これだけで身につく Perl入門』をお買い上げの方へ

本書の内容に誤りがございました。以下の通り、お詫びして訂正いたします。

■22ページ:解答の1行目
(誤)while<>文を使ってXをYに〜
(正)while(<>)文を使ってXをYに〜
■22ページ:解答のスクリプト
(誤)r/X/Y/g;
(正)s/X/Y/g;
■28ページ:練習1のスクリプト
(誤)s//(TAB)/g;
(正)s/(TAB)//g;
(TAB) は、それぞれスペースとタブを表します)
■34ページ:ヒントの中段のコメント
(誤)すべてのMichaelが変換される
(正)すべてのマイケルが変換される
■34ページ:ヒントの下段のコメント
(誤)最初のMichaelだけが変換される
(正)最初のマイケルだけが変換される
■49ページ:練習4の変換後
(誤)
 Is this red?
 Is this green?
 This is pink.
(正)
 Is this red?
 Is this green?
 This is pink.
は、半角スペースを表します)
■58ページ:練習の番号
(誤)練習1 ParisとPariを統一
(正)練習0 ParisとPariを統一
■59ページ:練習4の変換後
(誤)
 【】
 【いつも】
 【いつも】
(正)
 【】
 【いつも】
 いつも【いつも】
■66ページ:ヒントのコメント
(誤)Aが0個以上続くなら
(正)Bが0個以上続くなら
■66ページ:変換後
(誤)
 1
 ★12
 ★123
(正)
 1
 ★12
 ★123
■76ページ:タイトル
(誤)で囲まれた文字列〜
(正)−で囲まれた文字列〜
は、半角スペースを表します)
■76ページ:解答の2行目
(誤)s/(.+?)/<b>$1<\/b>/g;
(正)s/−(.*?)−/−<b>$1<\/b>−/g;
は、半角スペースを表します)
■80ページ:ヒントの図の引き出し線
(正)
 図
■101ページ:練習4のキャプション
(誤)メタ文字は変数設定の際、\マークでエスケープする
(正)改行して複数の変数を書く
■108ページ:ヒントの下段左
(誤)print 3.14;
(正)print $Pi;
■108ページ:ヒントの下段右
(誤)
 ●変数に数字を代入する
 print 3.14*5*5;
(正)
 ●変数と数値で計算する
 print $Pi*5*5;
■109ページ:タイトル
(誤)
 $henkan="遊撃手"
 $henkan="右翼手"
 print $henkan;
(正)
 $defence="遊撃手"
 $defence="右翼手"
 print $defence;
■113ページ:解答の3行目
(誤)print $num;
(正)print $num,"\n";
■115ページ:ヒントの右側の3行目
(誤)$kozumi=~s/変換前/変換後/;
(正)$koizumi=~s/変換前/変換後/;
■121ページ:練習1
(誤)練習1 Q67で出力に行番号を追加する。
(正)練習1 Q65で出力に行番号を追加する。
■124ページ:解答の3行目
(誤)$kozumi = s/第一次/第二次/g;#ここで変換
(正)$koizumi = s/第一次/第二次/g;#ここで変換
■139ページ:ヒントのコメント
(誤)白を含み、なおかつ赤
(正)白を含み、なおかつ
■140p(ヒント)
(誤)白を含むか、または赤
(正)白を含むか、または
■157ページ:練習1
(誤)
 @com = ('Windows','MS-DOS','Macintosh');
 print "@com\n";
(正)
 @comp = ('Windows','MS-DOS','Macintosh');
 print "@comp\n";
■163ページ:ヒント
(誤)$number =~ s/万/000/g;
(正)$number =~ s/万/0000/g;
■164ページ:解答
(誤)
 @many = <>;
 print $many[-1];
(正)
 @tokuten = <>;
 print $tokuten[-1];
■164ページ:練習1
(誤)print $many[$#all];
(正)print $all[$#all];
■174ページ:練習の番号
(誤)練習1 print "%uriage" をためしてみる
(正)練習0 print "%uriage" をためしてみる
■174ページ:ページ中段の本文
(誤)@uriageと表示されるだけです。〜
(正)%uriageと表示されるだけです。〜
■177ページ:タイトル
(誤)4月 138
(正)4月 142
■179ページ:タイトル
(誤)4月 138
(正)4月 150
■179ページ:タイトル
(誤)5月 142
(正)5月 118
■179ページ:本文1行目
(誤)売上表を結合するには次の2つの方法があります。
(正)売上表を結合するには次の方法があります。
■179ページ:ヒントの図
(正)
 図
■185ページ:ヒントの右下段のコメント
(誤)keysで値だけ取り出せば重複した要素だけゲットできる
(正)keysで値だけ取り出せば重複しない要素だけゲットできる
■185ページ:解答の1行目
(誤)@list = (8,2,6,8,4,7,2,5,9);
(正)@list = (8,2,6,8,4,7,2,5,8);
■194ページ:ヒントの中段左のコメント
(誤)openを使ってファイルハンドルとディレクトリを関連づける
(正)opendirを使ってファイルハンドルとディレクトリを関連づける
■194ページ:ヒントの中段
(誤)作業その2・ディレクトリ名を1つずつ読み込む
(正)作業その2・ディレクトリ内のディレクトリ名・ファイル名を1つずつ読み込む

以上、お詫びして訂正いたします。

訂正INDEXページへ戻る>>